So-net無料ブログ作成

八重の桜 あらすじ ネタバレ 第8回



八重の桜 あらすじ ネタバレ 第8回

2月24日日曜日放送の第8回が、気になってしまい...。


京における務めは難儀なもの。

攘夷派が大勢を占める長州藩とつながりを持つ公家の圧力は強く、孝明天皇(市川染五郎)の名をかたった勅書、いわゆる偽勅を使って、京都守護職・松平容保(綾野剛)を追い払おうと画策して...。

ところが、孝明天皇が直々に容保に接見。

孝明天皇自身、熱心な攘夷主義者ではあるものの、度重なる急進派の横暴を不快に思い、攘夷の実行については、幕府や諸藩が行うべきとの考え。

すべてを察知した容保は、攘夷派の公家と長州藩へさらなる強硬姿勢を強める。

そこへ、具合の悪い状況ながら、会津藩家老・西郷頼母(西田敏行)が現われて、京都守護職の辞退を進言。

(後に、いわゆる禁門の変を前にして)
容保は激怒し、頼母に蟄居を命令。


頼母は、会津のために...。

容保は、会津はもちろんのこと、国全体の行く末のために...。

頼母の進言が却下されるとは...。

容保にとって、運悪く虫の居所が悪かったのかなあ...。


話は前後するかのようでいて、


1863(文久3)年3月10日、京における治安強化のために、容保預かりの下、壬生浪士組が結成された。

直接推し進めたのは、田中土佐(佐藤B作)。

加入したのは、近藤勇(神尾佑)、土方歳三(村上淳)、沖田総司(鈴木信二)、永倉新八(水野直)、藤堂平助(住吉晃典)、...。

そして、斉藤一(降谷建志)。

のちに新選組となる面々が一堂に会することに...。


山本覚馬(西島秀俊)も勝麟太郎(生瀬勝久)も、幕府を、さらには会津を、窮地に追いやる結果となってしまうことを、恐れているようで...。


中でも、斉藤一。

20歳で副長助勤、のちの組織再編成の際には、三番隊組長となり、撃剣師範も務めることに。

のちに、少しずつ頭角を現してゆくんだよな。


余談になりますけど、

長州藩の動向も見逃せないだろうな。

1868(文久3)年5月10日に下関海峡でのアメリカ商船砲撃と欧米艦隊からの報復攻撃、

5月20日の攘夷派の公家・姉小路公知殺害に薩摩藩士関与の疑念による薩摩藩排除への流れ。

そして、

三条実美(篠井英介)、

攘夷派の公家と通じ密談で策をめぐらせる、長州藩士の桂小五郎のちの木戸孝允(及川光博)と久坂玄瑞(須賀貴匡)、久留米藩士・真木和泉(嶋田久作)。

特にこの4人の動向が鍵かな。

2013-02-11 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます