So-net無料ブログ作成

八重の桜 あらすじ ネタバレ 第22回




八重の桜 あらすじ ネタバレ 第22回

6月2日日曜日放送。


冒頭から山本家は悲しみに。

あの"鳥羽・伏見の戦い"で、八重(綾瀬はるか)の弟・山本三郎(工藤阿須加)が討死した、という知らせが。

悲しみに打ちのめされた八重は、弟の仇を討ちたい一心から、心身ともに険しくなってゆく。


特に、来たるべき戦に備えての、八重から年少への鉄砲の指南、なかなかのもの。

手ほどきを受けるは、

会津藩士の子弟で、後に白虎隊に属することとなる、伊東悌次郎(下地幸多)、

高木時尾(貫地谷しほり)の弟・盛之輔(首藤勇星)、

そして、"知恵の山川"こと山川大蔵(玉山鉄二)の弟・健次郎(勝地涼)。


鶴ヶ城内の練兵場では、山川大蔵と佐川官兵衛(中村獅童)が、藩士たちにフランス式の体練を指揮。


一方、官軍では、東山道先鋒総督府の参謀として従軍することとなった、土佐藩上士・乾退助(加藤雅也)。

天領である甲府城の掌握目前の美濃大垣へ向けて出陣した、1868(慶応4)年2月14日。
その日は、甲斐源氏の流れを汲む戦国大名・武田信玄の家臣・板垣信方の没後320年。

岩倉具視(小堺一機)ら新政府首脳からの助言は、板垣信方の末裔であることを示して、甲斐国の民衆の支持を得るようにとのこと。

乾退助改め板垣退助は、改名が効を奏して"甲州勝沼の戦い"にて、大久保大和を名乗る近藤勇(神尾佑)率いる新選組の撃破に成功。

後に、会津戦争の参謀に。


そして、京の山本覚馬(西島秀俊)。

"鳥羽・伏見の戦い"の後に、薩摩藩に捕らわれて藩邸に収容。

覚馬はすでに失明、処刑は時間の問題になりつつあった。

幽閉中、覚馬は、これからの国のあり方を示した口述筆記による建白書『管見』を上程することに。

一番深く感動したのは、西郷吉之助(吉川晃司)。
覚馬の処刑の中止を、上層部に進言することに。

以後の覚馬は、粗略にされることなく好待遇で過ごし、1868(明治元)年に仙台藩邸の病院へ移送。
そこへ岩倉具視の訪問を受け、翌年1869(明治2)年に釈放へ。



西郷の心を動かしたのは、やはり覚馬と対面する前、

江戸城無血開城へと導くこととなった、勝麟太郎(生瀬勝久)との会談。

決め手は、何と「万国公法(国際法)」。

アメリカの法律家のヘンリー・ホイートンによる執筆で、1836年出版。

翻訳版の日本への輸入は、1865(慶応元)年。



「万国公法」と言えば、坂本龍馬を思い出した。

2010(平成22)年放送のNHK大河ドラマ『龍馬伝』の第42回「いろは丸事件」、痛快だった。


国内外の政治経済を有利に導くための道標か。

現在もこれからも考えさせられること。


改めて目を通してみようかなあ。

2003(平成15)年12月発売の『龍馬の手紙 坂本龍馬全書簡集・関係文書・詠草』(坂本龍馬・宮地佐一郎/講談社)を...。

2007(平成19)年6月発売の『もし、坂本龍馬が営業マンだったら』(桑原正守/ダイヤモンド社)を...。

タグ: 日本 病院 アメリカ 指揮 フランス 江戸 翻訳 ドラマ 綾瀬はるか 仙台 法律 処刑 貫地谷しほり 成功 NHK 戦争 坂本龍馬 講談社 出版 美濃 玉山鉄二 ネタバレ 中村獅童 ダイヤモンド社 時間 新選組 2010年 知恵 中止 感動 政府 国際 輸入 生瀬勝久 問題 訪問 放送 勝地涼 西島秀俊 西郷隆盛 出発 鶴ヶ城 痛快 勝沼 会津 勝海舟 甲州 発売 薩摩 甲府 年少 吉川晃司 戦国大名 大名 武田信玄 大垣 八重 白虎隊 特訓 土佐 改名 山本 会津藩 執筆 出陣 心身 筆記 甲斐 薩摩藩 源氏 近藤勇 戦国 助言 あらすじ 失明 第22回 大河 江戸城 冒頭 第42回 岩倉具視 撃破 鉄砲 支持 民衆 参謀 土佐藩 龍馬伝 東山道 小堺一機 移送 会談 開城 山本八重 収容 釈放 一心 加藤雅也 会津戦争 甲府城 仙台藩 西郷吉之助 平成22年 法律家 子弟 佐川官兵衛 対面 勝麟太郎 上士 山川 板垣退助 明治2年 いろは丸事件 天領 指南 上程 神尾佑 国際法 1868年 建白書 会津藩士 新政府 家臣 明治元年 幽閉 藩士 綾瀬はるか かわいい 掌握 山川健次郎 新島八重 八重の桜 首脳 工藤阿須加 山本三郎 1836年 八重の桜 西島秀俊 八重の桜 音楽 1865年 八重の桜 白虎隊 八重の桜 綾野剛 山本覚馬 山川大蔵 高木時尾 知恵の山川 官軍 山本家 高木盛之輔 八重の桜 剛力 八重の桜 日向ユキ 剛力彩芽 ネタバレ 八重の桜 時代背景 裏面史 ネタバレ 藩邸 鳥羽・伏見の戦い 吉川晃司 西郷隆盛 サムライロック 綾野剛 稲森いずみ 綾野剛 写真集 胎響 綾野剛 写真集 2009→2013→ 従軍 Dragon Ash KJ 大河 八重の桜 舞台 会津 八重の桜 観光 綾瀬はるか 会津 るるぶ薄桜鬼 京都日野会津函館の旅 慶応元年 八重の桜 西郷隆盛 勝海舟 ネタバレ 八重の桜 あらすじ ネタバレ 第18回 八重の桜 あらすじ ネタバレ 第20回 八重の桜 あらすじ ネタバレ 第19回 川崎八重 八重の桜 あらすじ ネタバレ 第21回 総督 八重の桜 あらすじ ネタバレ 第22回 八重の桜 あらすじ ネタバレ 第23回 6月2日日曜日 討死 首藤勇星 口述 管見 1869年 無血 万国公法 先鋒 総督府 東山道先鋒総督府 乾退助 1868年2月14日 慶応4年2月14日 甲斐源氏 板垣信方 没後320年 320年 甲州勝沼の戦い 大久保大和 伊東悌次郎 下地幸多 練兵場 体練 八重の桜 山本覚馬 西島秀俊 ネタバレ 八重の桜 あらすじ ネタバレ 第27回 八重の桜 あらすじ ネタバレ 第24回 八重の桜 あらすじ ネタバレ 第25回 八重の桜 あらすじ ネタバレ 第26回 翻訳版 ヘンリー・ホイートン 八重の桜 玉山鉄二 八重の桜 山川大蔵 玉山鉄二 2007年6月 平成19年6月 2003年12月 平成15年12月 桑原正守 花燃ゆ あらすじ 花燃ゆ nhk 花燃ゆ ネタバレ 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 花燃ゆ NHK あらすじ ネタバレ 花燃ゆ NHK あらすじ 花燃ゆ NHK ネタバレ 花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ 花燃ゆ NHK 大河ドラマ 花燃ゆ NHK 大河 花燃ゆ NHK ドラマ 花燃ゆ 大河ドラマ 花燃ゆ 大河 花燃ゆ ドラマ 花燃ゆ NHK 大河ドラマ ネタバレ 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第37回 花燃ゆ NHK あらすじ ネタバレ 第37回 花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第37回 もし、坂本龍馬が営業マンだったら 龍馬の手紙 坂本龍馬全書簡集・関係文書・詠草 宮地佐一郎
2013-04-19 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます