So-net無料ブログ作成

十二国記 丕緒の鳥



十二国記 丕緒の鳥

6月26日水曜日発売。


著者は小野不由美。

あの『東京異聞』が、1993(平成5)年の日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となって、脚光を浴びてから、いくらか気になっていたけど...。

本当に不可思議な物語が好きなんだなあ。


『魔性の子』や『月の影 影の海』などの「十二国記」シリーズも、いよいよ最新刊。

この度は、表題作の「丕緒の鳥」を含めての4編の短編集。


一貫しているのは、神話や幽霊にまつわる物語であるかのよう。

現代でも遠いいにしえの時代でも、不条理に遭いながらも、希望を切り拓いてゆこうとする、まじめで清廉な人間にこそ、存在感があるということを前面に出しているかのようだ。

そして、目にすることのない神や霊のような温かく見守ってくれる存在を、陰ながら少しずつ実感してゆく。

「見てくれる人は見てくれる」

そう実感できることは、どれだけ大切か。

忘れないようにしないとなあ。


先の表題作の「丕緒の鳥」は、陶工の丕緒(びしょ)が主人公。

はじまりは、慶国に新王が登極してから。

即位の礼である「たいしゃ大射」がおこなわれることとなり、儀式として射られる的となるのは、鳥に見立てた陶製の的。
それを作ることとなるのは、丕緒。

国の示す任務の重さに苦慮しつつも、希望を託した「鳥」に大空へと羽ばたかせようとするらしく...。


まあいずれにせよ、発売日と同時に購入して、かの不可思議な物語の展開に身を託してみるのも、悪くない。

折しも、怪談の季節でもある夏のこと。

待ち遠しいや。

2013-06-06 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます