So-net無料ブログ作成

ホワイトリカー おすすめ







ホワイトリカー おすすめ

となれば、

「リカーフーズおおの」による『お気軽 梅酒 手造りセット』の果実酒が一番かな。


梅雨が明けて、本格的な夏を迎えるのも時間の問題となりつつある今日この頃、いわゆる夏バテ対策として、いろいろと思いをめぐらすことになる中、新しく挑戦してみたいと思ったことが、そもそもの始まり。

ただでさえ、電力の需要と供給の均衡の危ういとされるご時勢(?)においては、エアコンなどに依存することなく、身体の内面から体調を整えるのが適切なんだよなあ。
今に始まったことじゃないけど、梅酒だけはまだだった。

いや、夏が終わった後のできあがりかもしれない。
まあいいか。
そうなってしまった場合は、季節に関係のない健康飲料の一つとしてでもいいか。

そして、来年夏の楽しみとしても、悪くはない。



造り方はとても簡単で、初心者も上級者も存分に楽しめるとのこと。

手順は以下の通り。

1.持ち手付き4ℓ保存瓶は、あらかじめ少量のホワイトリカーで拭き取り殺菌。
2.固めの青梅を、水で丁寧に洗浄して、たっぷりの水に6時間から12時間浸けてアク抜き。
3.ザルにあげ水気をしっかりと切る。
  水気の残らぬように、青梅を一つずつ乾いた布巾で拭き取り。
4.青梅のくぼみに竹串を刺すようにしてヘタ取り。
5.青梅と氷砂糖とを、それぞれ3分の1ずつ交互に瓶へ入れてゆく。
6.上から静かにホワイトリカーを注いてゆく。
  好みがいくらか違った場合は、焼酎、ブランデー、ウィスキーでも構わないという。

手順における肝心要は、「1」と「3」。
そこさえ厳守すれば、梅酒造りは大成功に近いとのこと。

できあがりは、3ヶ月も先のことらしく、その時にはまろやかな味わいになっているという。


ただ、セットには3種類あって、

「セット A」には、南高梅のLからLLサイズ1kg、ホワイトリカー1.8ℓ、氷砂糖1kg、持ち手付き4ℓ保存瓶。
「セット B」には、南高梅以外のすべて。
「セット C」には、ホワイトリカー1.8ℓと氷砂糖1kgのみ。


初めてだから、「セット A」がいいかなあ。

梅酒は、適量のみの嗜みならば、長寿の秘訣の一つともなるというし。

楽しみだ。

2013-06-23 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます