So-net無料ブログ作成

八重の桜 あらすじ ネタバレ 第30回



八重の桜 あらすじ ネタバレ 第30回

7月28日日曜日放送のNHK大河ドラマ『八重の桜』第30回で、江戸時代の終焉を象徴する戊辰戦争が終結することに。

そして、会津をはじめとする東北の人たちの再生の再生への第一歩が...。

そこに至るまでの物語の展開が、かなり凝縮するかのようだ。



まず、会津藩降伏後、山川大蔵(玉山鉄二)と梶原平馬(池内博之)と秋月悌次郎(北村有起哉)は、主の松平容保(綾野剛)はじめとする会津松平家再興のため、新政府への助命嘆願に尽力。

そして、萱野権兵衛(柳沢慎吾)は、すべては自身が主体的立場となって起こした戦であり、責任は自身にあることを、新政府に主張。

結果、容保は因幡国鳥取藩への永預り処分に。
平馬も随行した。

萱野権兵衛は切腹。

山川大蔵は禁固謹慎。

秋月悌次郎は終身禁固刑。

秋月の計らいにより、大蔵の弟・健次郎(勝地涼)は、秋月の面識ある長州藩士・奥平謙輔預りに。


越後口の守りを口実に会津から追放された西郷頼母(西田敏行)は、榎本釜次郎改め榎本武揚(山口馬木也)はじめ土方歳三(村上淳)などで樹立した「蝦夷共和国」へ合流、箱館戦争の終結まで戦うことに。

土方は討死。

頼母は箱館で捕縛され、館林藩預け置きに。

捕縛後の榎本武揚は、オランダ語の堪能ぶりと『万国海律全書』や海軍全般に関する博識ぶりに感服した黒田清隆の助命嘆願の甲斐あって、東京への投獄と特赦出獄を経た後に、新政府へ登用されることに。


そして、八重(綾瀬はるか)は...。

母・佐久(風吹ジュン)と兄嫁・うら(長谷川京子)と姪のみね(池田沙弥花)とともに、かねてから山本家と交流のあった米沢藩士・内藤新一郎(木下政治)の家に身を寄せていた。

屈辱を肌で実感しながらの方々への反物の行商による生活。

わずかながらの心の安らぎの一つは、会津戦争で夫を亡くした千代(中村優子)との語らい。

ともに再生することを誓い合う。


時は流れて、1869(明治2)年11月、会津松平家は容保の生まれたばかりの実子・慶三郎(後の容大)を当主に家名再興が許され、旧南部領の斗南藩3万石を賜った。

新天地を猪苗代か下北半島かの選択を任されたのは、東京で捕虜になっていた山川大蔵はじめ旧藩幹部。謹慎中の他の旧藩士にはばかることなく決定したとののこと。


移住開始は1870(明治3)年4月から。

斗南藩大参事に就くこととなる大蔵はじめ旧藩幹部はもちろん、越後高田で謹慎していた斎藤一(降谷建志)はじめとする多くの旧会津藩士、他の旧藩士の家族を含めて、合計約17,300人余り。

日向ユキ(剛力彩芽)も、その一人に。

東京で謹慎していた川崎尚之助(長谷川博己)も、その年の10月に斗南へ行くことに。



この回から、会津をはじめとする東北の人たちの再生の第一歩が始まるんだなあ。

東北会津民芸品・最古の品とされる伝統的な「起き上がり小法師」のように。

何度倒されても頑張って起き上がることから、"七転八起"としての無病息災や家内安全といった縁起の良いお品。

何よりも家族の人数より1個多く買うことで、家族が増えて一家が繁盛しますように、という願いも込められているらしく...。


これから、どのように再生してゆくのかなあ。


少しずつ見届けないと。

タグ:生活 家族 東京 江戸 伝統 時代 人間 象徴 綾瀬はるか 全般 開始 再生 安全 東北 戦争 家内 選択 交流 猪苗代 長谷川京子 新天地 玉山鉄二 ネタバレ 風吹ジュン 身体 時間 自身 願い 江戸時代 責任 決定 縁起 実感 土方歳三 最古 会津 多い 西田敏行 民芸 主張 良い 館林 佐久 行商 下北半島 誓い 願う 長州 海軍 民芸品 榎本武揚 北村有起哉 長谷川博己 八重 戊辰戦争 第一歩 高田 安らぎ 越後 山本 会津藩 多さ 堪能 米沢 良さ 甲斐 ユキ 蝦夷 預かり あらすじ 終身 降谷建志 移住 立場 繁盛 柳沢慎吾 第30回 全て すべて 共和国 こと 一家 松平容保 千代 主体 屈辱 追放 一つ 南部 無病息災 ひとつ 終焉 介錯 尽力 うら 西郷頼母 捕虜 松平 面識 終結 池内博之 合計 山本八重 多く 守り 中村優子 大蔵 謹慎 特赦 箱館戦争 斗南藩 会津戦争 オランダ語 無病 人数 嘆願 降伏 反物 切腹 安らぐ 1個 登用 良く 七転び八起き 禁固 語らい 七転八起 良き 主体的 方々 村上淳 実子 綾野剛 斎藤一 伝統的 剛力彩芽 兄嫁 わずか 感服 討ち死に 山口馬木也 禁固刑 助命 起き上がり小法師 箱館 会津藩士 自刃 新政府 黒田清隆 長州藩士 奥平謙輔 藩士 綾瀬はるか かわいい 僅か 博識 山川健次郎 投獄 再興 新島八重 八重の桜 川崎尚之助 木下政治 よく 秋月悌次郎 よい 出獄 萱野権兵衛 助命嘆願 息災 八重の桜 あらすじ 八重の桜 音楽 松平家 八重の桜 ネタバレ 健次郎 八重の桜 あらすじ ネタバレ 八重の桜 鈴木梨央 山本うら 当主 山川大蔵 山本佐久 日向ユキ 山本家 1869年11月 明治2年11月 旧南部領 1870年4月 明治3年4月 斗南 榎本釜次郎 八重の桜 剛力 八重の桜 日向ユキ 剛力彩芽 ネタバレ 1870年10月 明治3年10月 山本みね 蝦夷共和国 八重の桜 時代背景 裏面史 ネタバレ 捕縛 吉川晃司 西郷隆盛 サムライロック 綾野剛 稲森いずみ 綾野剛 写真集 胎響 綾野剛 写真集 2009→2013→ 米沢藩士 内藤新一郎 八重の桜 川崎尚之助 長谷川博己 ネタバレ Dragon Ash KJ 大河 八重の桜 舞台 会津 八重の桜 観光 綾瀬はるか 会津 るるぶ薄桜鬼 京都日野会津函館の旅 誓う 八重の桜 西郷隆盛 勝海舟 ネタバレ 八重の桜 小田時栄 谷村美月 ネタバレ 川崎八重 みね 討死 八重の桜 山本覚馬 西島秀俊 ネタバレ 八重の桜 あらすじ ネタバレ 第27回 会津松平家 よさ よき 多き 八重の桜 松平容保 綾野剛 八重の桜 山川大蔵 玉山鉄二 八重の桜 あらすじ ネタバレ 第29回 八重の桜 あらすじ ネタバレ 第31回 東北会津民芸品 お品 家内完全 梶原平馬 降伏後 主体的立場 随行 終身禁固刑 禁固謹慎 はからい 計らい 預り 越後口 預け置き 館林藩 万国海律全書 池田沙弥花 容大 慶三郎 家名 3万石 斗南藩3万石 旧藩幹部 越後高田 約17,300人余り 八重の桜 あらすじ ネタバレ 第32回
2013-06-30 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(1) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます