So-net無料ブログ作成

八重の桜 あらすじ ネタバレ 第33回





八重の桜 あらすじ ネタバレ 第33回

8月18日日曜日放送。


1873(明治6)年の夏、覚馬(西島秀俊)の厳命により、八重(綾瀬はるか)は官立で二番目の女学校である女紅場の住み込みの舎監として働くと同時に、学生としても学ぶ日々。


京都の近代化は、覚馬と京都府知事・槇村正直(高嶋政宏)と化学者・明石博高(橋爪遼)の主体によって、推進されていた。
近代化の一番の大きな鍵は、京都に御用金を納める小野組。

ところが、その小野組が、東京への転籍を願い出た。


京都の近代化の遅れを危惧する槇村は、小野組の転籍を思いとどまらせるために、いろいろと手を尽くすことに。
しかし、小野組は威力業務妨害として司法省へ訴えを起こしたために、槇村は逮捕・拘留されてしまう。


突然の事態に驚いた覚馬と八重は、槇村を赦免させるために、槇村と旧知の間柄にある木戸孝允(及川光博)に面会へ行く。

覚馬と八重の思いを受け入れ、木戸は尽力するものの、長州藩出身者の汚職の問題の尾を引いていることから、肥前藩出身の司法卿・江藤新平(山崎銀之丞)から睨まれていることあって、思うようにことが運ばない。


その最中に、幸か不幸か、"明治六年の政変"。

いわゆる征韓論に端を発した遣韓使節大使派遣問題で、江藤と板垣退助(加藤雅也)らが、西郷隆盛(吉川晃司)に肩入れして却下されたため、西郷の辞職と下野に伴い、江藤も司法卿を辞職。

その後の木戸の計らいにより、槇村は釈放された。


そして、覚馬は、かねてから交流のあった勝海舟(生瀬勝久)から、尚之助(長谷川博己)が東京の浅草・鳥越にいることを知らされる。


勝の手引きで、やっと再会できた八重と尚之助。

八重は大いに喜び尚之助と一緒の京都での再出発を求めるが、

尚之助は、斗南での窮状をはじめとするこれまでの経緯を、正直に八重へ打ち明けた上で、八重との正式な離婚を願い出た。

八重は悲しみをあらわにするが、裁判沙汰に巻き込みたくない尚之助は、心を鬼にして離婚を受け入れさせて、自ら八重の元を離れていった。



この回から、八重が本格的に学び始めるんだなあ。

頭脳と身体を駆使して学ぶことに。

タグ:京都 学校 大河ドラマ ドラマ 浅草 綾瀬はるか 学生 一番 及川光博 離婚 NHK 派遣 日々 交流 悲しい ネタバレ 身体 大きい 喜ぶ 逮捕 生瀬勝久 問題 出身 事態 西島秀俊 西郷隆盛 一緒 不幸 働く 大きく 喜び 近代 汚職 妨害 勝海舟 突然 再会 吉川晃司 悲しみ 本格的 出身者 長州 長谷川博己 八重 司法 木戸孝允 正直 旧知 府知事 威力業務妨害 あらすじ 訴え 頭脳 大河 大きさ NHK大河ドラマ 第33回 はたらく 西郷 遅れ 危惧 イチバン 正式 下野 同時 駆使 業務 大きな 辞職 征韓論 主体 面会 鳥越 却下 近代化 威力 山崎銀之丞 山本八重 いちばん 2013年 推進 釈放 勾留 住み込み 加藤雅也 長州藩 転籍 肥前 拘留 悲しく 哀しい 御用 江藤 勝麟太郎 悲しさ 板垣退助 女学校 司法省 哀しみ 間柄 京都府知事 化学者 大いに 政変 綾瀬はるか かわいい 肥前藩 窮状 八重の桜 川崎尚之助 明治6年 二番目 橋爪遼 厳命 打ち明け 御用金 手引き 江藤新平 八重の桜 あらすじ 舎監 平成25年 八重の桜 ネタバレ 八重の桜 あらすじ ネタバレ 山本覚馬 覚馬 斗南 遣韓使節大使 明治六年の政変 八重の桜 時代背景 裏面史 ネタバレ 吉川晃司 西郷隆盛 サムライロック 八重の桜 川崎尚之助 長谷川博己 ネタバレ 八重の桜 西郷隆盛 勝海舟 ネタバレ 川崎八重 八重の桜 山本覚馬 西島秀俊 ネタバレ 悲しき はからい 計らい 尚之助 八重の桜 あらすじ ネタバレ 第34回 槇村正直 8月18日日曜日 2013年8月18日日曜日 平成25年8月18日日曜日 官立 女紅場 明石博 明石博高 小野組 明治六年 1873年夏 明治6年夏 1873年 哀しき 哀しく 哀しさ 司法卿 遣韓大使
2013-07-04 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます