So-net無料ブログ作成

NHK 土曜ドラマ 夫婦善哉







NHK 土曜ドラマ 夫婦善哉

8月24日土曜日21時より、全4回にわたって放送。


大阪が生んだ文豪"オダサク"こと織田作之助[1913(大正2)年~1947(昭和22)年]の生誕百年を記念して、代表作である名作『夫婦善哉』を、6年前に発見された続編の内容を含めて、新解釈でのドラマ化。

脚本は、あの2007(平成19)年10月から2008(平成20)年3月放送のNHK朝ドラ『ちりとてちん』と、2012(平成24)年放送のNHK大河ドラマ『平清盛』を手掛けた、藤本有紀。

注目は、何といっても、老舗化粧品問屋維康(これやす)商店の道楽ぼんち・柳吉(りゅうきち)を演じる森山未來と、北新地の人気芸妓・蝶子を演じる尾野真千子とのダブル主演による展開かな。
本当、互いに卓越した演技者だし。



8月24日土曜日放送の第1回は...。

毎日借金取りの押し掛ける貧しい一銭麩天羅屋の種吉(火野正平)とお辰(根岸季衣)の娘・蝶子は、貧乏を嫌い両親の反対を押し切って、曽根崎新地のお茶屋に女中奉公へ。

同僚・金八(佐藤江梨子)とともにつらい下積みを乗り越えて、生来のおてんば娘ゆえに陽気な蝶子のお座敷は評判を呼び、北新地の人気芸妓へ成長してゆく。

一方、柳吉は、日頃の放蕩ぶりから番頭(平田満)に軽蔑され、兄思いの妹・藤子(田畑智子)にも呆れられ、頑固な父・半兵衛(岸部一徳)から勘当を言い渡されて、家を出ることに。

そして、父の怒りが溶けるまでの雲隠れを考えた柳吉は、かねてからの放蕩に最中に惚れられた蝶子を誘い出して駆け落ちした。

ところが、1923(大正12)年9月1日、

二人の向かった温泉宿で、関東大震災が発生。

逃げるようにして大阪へ帰るものの、二人に帰る場所も生活の当てもない。

それでも、蝶子は幸せだった。

「わてはこの男を一人前の男にしてみせる!」と。


8月31日土曜日放送の第2回は...。

関東煮屋を始めた柳吉と蝶子は、ささやかながらも幸せに暮らしていた。

そして柳吉は、風の便りから、妹婿の桐介(大東駿介)が主体となって維康問屋を仕切ることを知り、家族から断絶されたことを実感。

やがて、

蝶子の母・お辰、柳吉が相次いで倒れ、蝶子には重荷がのしかかる。



この度のNHK土曜ドラマ、藤本有紀脚本のドラマ特有の登場人物の繊細な心理描写とあらゆる伏線の張りめぐらしによる物語の展開において、かなりの観応えはあるだろうと予想されるものの、

尾野真千子演じる蝶子のおてんばぶりと気性の激しさに加えて、大阪における独特の人情描写となれば、

脚本は違っても、やはり、あの2011(平成23)年10月から2012(平成24)年3月まで放送のNHK朝ドラ『カーネーション』を思い出してしまう。

あの頃の尾野真千子演じるヒロイン・小原糸子は、啖呵と巻き舌が凄まじかった。


このドラマでも、同じくらいに匹敵するんだろうなあ。

タグ:幸せ 生活 家族 温泉 化粧品 人気 大河ドラマ ちりとてちん 予想 ドラマ 朝ドラ 大阪 続編 想い 二人 心理 煮物 NHK 思い しあわせ 成長 化粧 記念 発見 代表 つらい 本当 佐藤江梨子 関東 借金 両親 辛い 幸福 陽気 帰り 名作 同僚 老舗 放送 発生 カーネーション 実感 毎日 お茶屋 怒り ダブル 演技 貧乏 百年 問屋 注目 主演 お座敷 展開 ボン 宿 温泉宿 脚本 岸部一徳 曽根崎 土曜ドラマ 田畑智子 お転婆 思う 内容 帰る 人情 道楽 場所 関東大震災 駆け落ち 平田満 第1回 ふたり 商店 頑固 解釈 ヒロイン 第2回 評判 森山未來 ドラマ化 座敷 大河 NHK大河ドラマ 北新地 反対 激しい 平清盛 下積み 演技者 金八 番頭 茶屋 主体 2012年 生誕 火野正平 仕切る 巻き舌 日頃 ぼんち 仕切り 芸妓 文豪 NHK朝ドラ 心理描写 代表作 婿 2013年 繊細 激しく 独特 分断 根岸季衣 6年前 重荷 あて 尾野真千子 凄まじい 断絶 特有 匹敵 夫婦善哉 取る 借金取り 新地 描写 おてんば 伏線 曽根崎新地 軽蔑 ぼん 藤子 すさまじい 女中 ダブル主演 気性 雲隠れ 卓越 凄まじさ 激しさ 4回 奉公 女中奉公 平成24年 2011年10月 糸子 2012年3月 1947年 21時 午後9時 小原糸子 大東駿介 生来 蝶子 平成25年 1913年 夜9時 8月24日土曜日 オダサク 2007年10月 平成19年10月 新解釈 当て 織田作之助 2008年3月 平成20年3月 観応え 激しき 森山未來 夫婦善哉 取り 2013年8月31日土曜日 平成25年8月31日土曜日 8月31日土曜日 NHK 土曜ドラマ 夫婦善哉 尾野真千子 森山未來 NHK 夫婦善哉 土曜ドラマ 夫婦善哉 夫婦善哉 尾野真千子 NHK 土曜ドラマ 2013年8月24日土曜日 平成25年8月24日土曜日 全4回 生誕百年 大正2年 昭和22年 化粧品問屋 老舗化粧品問屋 これやす 維康 維康商店 道楽ぼんち ボンチ りゅうきち 柳吉 人気芸妓 維康柳吉 種吉 お辰 一銭麩天羅屋 放蕩 維康藤子 勘当 半兵衛 維康半兵衛 倖せ 観ごたえ 平成23年10月 平成24年3月 人情描写 啖呵 すさまじかった 凄まじかった すさまじく すさまじき すさまじさ 凄まじき 凄まじく 1923年9月1日 大正12年9月1日 煮屋 妹婿 桐介 維康桐介 夫婦善哉 あらすじ ネタバレ 夫婦善哉 NHK 夫婦善哉 あらすじ ネタバレ 第3話 夫婦善哉 あらすじ ネタバレ 最終話 夫婦善哉 NHK 最終話 ネタバレ 夫婦善哉 NHK 第3話 ネタバレ
2013-07-24 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます