So-net無料ブログ作成

八重の桜 あらすじ ネタバレ 第37回







八重の桜 あらすじ ネタバレ 第37回

9月15日日曜日放送。


八重(綾瀬はるか)と襄(オダギリジョー)との新婚生活が始まった。

かねてから会津の女性として男性より二、三歩後ろにいることの教えで育った八重には、男女は同等であることを謳う襄の姿勢に戸惑うばかり。
しかし、どうしても釈然としない思いがあるならば、直接口に出してほしいと願う襄の優しさに、八重は身も心も寄せるようになってゆく。


時は1876(明治9)年、デイヴィス宛の手紙によれば、熊本洋学校が閉鎖されたとのこと。
キリスト教と国家の関係を意識した宗教国家樹立宣言とされる「奉教趣意書」への誓約が、神風蓮の士族の怒りを買い、開明的な熊本県知事・細川護久が、責任を負わされる形で失脚したらしく。

そして9月、かの誓約を交わした熊本洋学校の学生により結成された"熊本バンド"が、同志社英学校に転入してくる。

ただ、九州男児特有の武骨で一本気な姿勢ゆえなのか、一般教養の大部分を占める授業内容に納得せずに抗議したり、学生の規律の乱れを正すよう一体となって強く意見したりと、なかなかの手強さで。

その"熊本バンド"には、宮川経輝、小崎弘道、吉田作弥、海老名弾正、横井時雄(黄川田将也)、金森通倫(柄本時生)などが属していて。

特に、徳富猪一郎(中村蒼)のちの徳富蘇峰、なかなか我が強く、夫・襄へ呼び捨てや洋装の出で立ちの八重が目障りらしくて、八重を"鵺(ぬえ)"と蔑んでいて。
どのように心を開くかが気になるところ。


話は前後して、1876(明治9)年3月28日、廃刀令が施行。

政府や警察の関係者以外に帯刀を認めないゆえ、武士の魂を奪われたと憤る不平士族の反乱が相次ぐこととなって。

会津藩出身者も例外でなく、竹村俊秀は会津の日新館以来の盟友の山川浩(玉山鉄二)に決起を促すが、浩と弟・健次郎(勝地涼)は気持ちを理解しつつも、自重を求めるのみ。

失望した俊秀は浩と決別して、仲間を集めて政府関係者を襲撃、そして逮捕された。

警察官となった佐川官兵衛(中村獅童)と藤田五郎(降谷建志)は、浩に俊秀との無関係を貫くことを進言。


そして火の手は、遠く九州の鹿児島へ。

あの西郷隆盛(吉川晃司)率いる私学校の学生の不穏な動きが、先鋭化しつつあった。


その知らせは、同志社英学校で八重と対峙する猪一郎の手にする新聞にも、すでに掲載されていて...。



どれだけ時代が変わろうが、それぞれの人たちにも「ならぬことはならぬ」という強い気持ちがあって。

それが破られてしまえば、戦。

誰もがそのような気持ちだったんだろうなあ。

タグ:生活 学校 九州 キリスト教 熊本 大河ドラマ 国家 時代 ドラマ 閉鎖 強く 優しく 綾瀬はるか バンド キリスト 学生 想い 新聞 意見 やさしく NHK 思い 一般 掲載 鹿児島 警察 理解 女性 児童 オダギリジョー 玉山鉄二 ネタバレ 中村獅童 宗教 逮捕 武士 願い 新婚 姿勢 政府 気持ち 責任 関係 熊本県 男性 放送 抗議 出身 勝地涼 西郷隆盛 男児 男女 強み 意識 怒り 自重 強さ 優しさ 授業 樹立 会津 知事 部分 吉川晃司 教え 出身者 願う 八重 思う 内容 やさしい 強い 納得 会津藩 やさしさ 失望 結成 心身 関係者 警察官 憤り 9月 呼び捨て 黄川田将也 宣言 進言 あらすじ 直接 襲撃 対峙 降谷建志 大河 武骨 NHK大河ドラマ 第37回 柄本時生 乱れ 教養 知らせ 新島襄 県知事 反乱 中村蒼 憤る 同志社 不平 盟友 一体 施行 山本八重 2013年 優しい 洋装 山川浩 叛乱 徳富蘇峰 佐川官兵衛 失脚 日新館 ならぬことはならぬ ぬえ 想う 誓約 斎藤一 転入 帯刀 俊秀 新婚生活 五郎 規律 廃刀令 開明 政府関係者 決起 綾瀬はるか かわいい 大部分 山川健次郎 新島八重 八重の桜 無関係 目障り 正す 八重の桜 あらすじ 八重の桜 音楽 平成25年 八重の桜 ネタバレ 健次郎 八重の桜 あらすじ ネタバレ 火の手 八重の桜 時代背景 裏面史 ネタバレ 吉川晃司 西郷隆盛 サムライロック Dragon Ash KJ 大河 川崎八重 八重の桜 山本覚馬 西島秀俊 ネタバレ 強き 優しき やさしき 八重の桜 山川大蔵 玉山鉄二 宗教国家 横井時雄 三根梓 かわいい 強味 9月15日日曜日 2013年9月15日日曜日 平成25年9月15日日曜日 英学校 同志社英学校 頭目 私学校 士族 不平士族 八重の桜 中村蒼 同等 釈然 熊本県知事 細川護久 洋学校 熊本洋学校 神風蓮 趣意 奉教 奉教趣意書 樹立宣言 宗教国家樹立 宗教国家樹立宣言 熊本バンド 1876年9月 明治9年9月 1876年3月28日 明治9年3月28日 一本気 一般教養 宮川経輝 小崎弘道 吉田作弥 海老名弾正 金森通倫 徳富猪一郎 竹村俊秀 先鋭 先鋭化 猪一郎 藤田五郎 柄本時生 八重の桜
2013-08-11 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます