So-net無料ブログ作成

八重の桜 あらすじ ネタバレ 第47回



八重の桜 あらすじ ネタバレ 第47回

11月24日日曜日に放送。


1888(明治21)年1月より、伊藤博文(加藤虎之介)が中心となり、来年発布予定の憲法の草案の大詰めの迎える中、

山本家では、みね(三根梓)の遺児・平馬が山本家の養子として育てられることとなり、佐久(風吹ジュン)は育児にかかり切りに。
久栄(門脇麦)もすっかり落ち着き、身も心も山本家の家族に。

しかし、襄(オダギリジョー)は正月以来、心臓が弱っていて何かと煩わされる日々。
それでも、自身の身体に鞭打つかのように、憲法発布に伴う国会開設までには、同志社大学設立を実現させる心積もり。


数日後、徳富猪一郎改め徳富蘇峰(中村蒼)主宰の『国民之友』最新刊・第17号を携え、蘇峰と市原が襄を訪ねてきた。

その最新刊の内容は、物質的知識の教育に重きをおく福澤諭吉と、精神的道徳の教育に重きおく襄を、二先生として讃えるもの。

襄は二先生の一人として崇められることに困惑するものの、記事の内容に目を通した大隈重信(池田成志)の提案で、東京での募金集会を打診してきたという。


襄の容体の落ち着きを見計らって、八重(綾瀬はるか)と襄は、東京へ出向いて、大隈邸での募金集会に臨むことに。

登壇した襄は、政財界の有力者の集う前で、緊張の面持ちだったが、予想以上の好評に感激。
しかし、病み上がりの身体の上に、喫煙による空気の充満は、襄の心臓にかなりの負担。


前後して八重は、東京帝国大学理学部教授となった山川健次郎(勝地涼)とも再会。

会津戦争で八重とともに戦った健次郎は、鉄砲の火薬の調合の経験を活かして、理学の専門的知識の習得と実践を極めることを決意したという。

襄は、同志社大学設立の目的の一つが、理学の専門学科の創設に伴う人材育成であることを主張。
健次郎は快諾した。


休む間もなく、八重と襄は、勝海舟(生瀬勝久)と対面。

襄の手掛けた「同志社大学設立の旨意」に目を通した勝は、人民のための大学ならば、人民に広く知ってもらう必要があるとして、数万人の読者を持つ『国民之友』への掲載を提案。

そして、襄の草案に蘇峰の加筆した「同志社大学設立の旨意」は、『国民之友』のほか全国20余りの主要新聞に掲載されて、多くの支持を集めることに。


さらに勝の薦めた静養先の鎌倉では、槇村正直(高嶋政宏)と再会。
寄付を受け付けることに。
かねてから覚馬(西島秀俊)との軋轢のあった槇村だったが、同志社を第一に認めた人物としての面目を保ちたかったようで...。


京都へ戻ってからの襄の容態は、再び悪化。

主治医の明石博高は、以前よりも心臓が弱っていること、次に発作が起こったら心臓破裂の恐れがあることを、八重に伝えた。

襄の前で何気に明るく振る舞う八重だったが、襄はすべてを察していて...。

襄は八重に話した。
一番恐ろしいのは、死そのものではなく、何の心構えのないまま、突然死を迎えることであると。


1889(明治22)年2月、大日本帝国憲法が発布された。

10月、襄は病に伏せた母・登美(香野百合子)の看病を八重に託して、再び寄付金集めのために関東へ。



『八重の桜』では、大学設立の趣旨説明と寄付金集めに奔走の新島襄を演じるオダギリジョー。

心の中はいつでも、2006(平成18)年と2007(平成19)年に放送されたテレビ朝日金曜ナイトドラマ『時効警察』で演じた霧山修一朗のように、AIPの「3WAY WAIST BAG」を身に付けて、方々を駆け回っているのかもしれない?

タグ:大学 京都 家族 東京 育成 人気 鎌倉 伊藤博文 記事 憲法 教育 人間 読者 自分 国会 開設 知識 一番 緊張 NHK 日々 掲載 ひとり テレビ朝日 正月 経験 喫煙 空気 オダギリジョー ネタバレ 風吹ジュン 身体 実践 時効警察 時間 先生 大人 人材 自身 自分自身 関東 市原 人物 説明 生瀬勝久 放送 提案 勝地涼 予定 西島秀俊 決意 趣旨 2006年 平成18年 発作 人材育成 必要 寄付 明るい 東京大学 多い 勝海舟 感激 突然 中心 主張 募金 専門 佐久 池田成志 福沢諭吉 内容 主治医 最新刊 人体 好評 1人 高嶋政宏 10月 悪化 負担 山本 多さ 心身 明るく 突然死 2月 1月 政財界 あらすじ 前後 一人 NHK大河ドラマ 明らか 鉄砲 イチバン 実現 支持 物体 恐ろしい 2007年 調合 専門的 新島襄 学科 平成19年 再び 中村蒼 心構え 設立 AIP 集会 分身 破裂 第47回 身分 困惑 容態 同志社 恐れ 落ち着く 福澤諭吉 習得 病み上がり 明るさ 心臓発作 養子 振る舞い いちばん 多く 2013年 大日本帝国憲法 同志社大学 大隈重信 遺児 会津戦争 火薬 主宰 予想以上 打診 静養 徳富蘇峰 落ち着き 平馬 奔走 充満 創設 第一 面目 登壇 快諾 おそろしい 金曜ナイトドラマ 振る舞う 人民 綾瀬はるか かわいい 数万人 山川健次郎 理学 専門学科 八重の桜 軋轢 極め 霧山修一朗 蘇峰 久栄 三根梓 東京帝国大学 大詰め 有力者 八重の桜 あらすじ 八重の桜 音楽 加筆 平成25年 八重の桜 ネタバレ 健次郎 八重の桜 あらすじ ネタバレ 山本覚馬 覚馬 山本佐久 門脇麦 山本家 香野百合子 山本みね 八重の桜 時代背景 裏面史 ネタバレ 八重の桜 西郷隆盛 勝海舟 ネタバレ みね 八重の桜 山本覚馬 西島秀俊 ネタバレ 1889年 明治22年 発布 多き 心積もり 重き 心づもり 槇村正直 明石博高 横井平馬 明るき 八重の桜 中村蒼 徳富猪一郎 猪一郎 明るみ 槇村 国会開設 加藤虎之介 伊勢みね 横井みね 物心 寄付金集め 大学設立 山本久栄 伊勢平馬 山本平馬 11月24日日曜日 2013年11月24日日曜日 平成25年11月24日日曜日 八重の桜 かわいい 1888年1月 明治21年1月 草案 国民之友 第17号 物資的知識 讃え 讃える 二先生 精神的道徳 募金集会 大隈邸 東京帝国大学理学部教授 理学部教授 面持ち 専門的知識 同志社大学設立の旨意 全国20余り 主要新聞 静養先 怖ろしい 1889年2月 明治22年2月 明治22年10月 1889年10月 登美 新島登美 テレビ朝日金曜ナイトドラマ 3WAY WAIST BAG 趣旨説明
2013-10-01 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます