So-net無料ブログ作成

八重の桜 あらすじ ネタバレ 第48回

《送料無料》日本赤十字社と人道援助

《送料無料》日本赤十字社と人道援助
価格:6,090円(税込、送料込)



八重の桜 あらすじ ネタバレ 第48回

12月1日日曜日に放送。


東京にて大隈重信(池田成志)が不審者に投げつけられた爆弾で、右脚を失った。

力づくでことを押し通す方法の横行で、人間の良心の失われることの危機感を強めた襄(オダギリジョー)は、次の活動先である前橋へ。
しかし、上州特有のからっ風は、病弱の襄の心身をさらの痛めつけることとなり、1889(明治22)年11月28日、心臓疾患の悪化でついに病床に伏せてしまう。

その後の襄は重度に陥った心臓疾患と腹膜炎の療養のため、神奈川県大磯の百足屋にて宿泊。
襄は、八重(綾瀬はるか)に病状を伝えないことを条件に、看護にあたる徳富蘇峰(中村蒼)に覚馬(西島秀俊)への連絡を託した。

しかし、襄からの手紙の「当方無事」という弱々しい字体から、八重は襄の病状の悪化を直感。
かねてから口止めを頼まれていた覚馬から、すべてを聞き出し、百足屋へ向かうことに。


八重がたどり着いた時には、襄はすでに重篤だった。
熊本バンドの一員で東京で布教活動を行う牧師の小崎弘道(古川雄輝)が最後の祈祷を捧げた後、八重と襄は二人きりに。

互いに感謝の気持ちを涙ながらに伝えあった後、

「狼狽するなかれ、グッドバイ、また会わん」

八重に最期の言葉を残して、襄は静かに永眠した。
1890(明治23)年1月23日14時20分、享年46歳。

葬儀は1月27日13時より同志社前のチャペルにて営まれた後、勝海舟(生瀬勝久)の筆による墓碑銘にて、遺体は京都東山若王子山頂に埋葬された。


数日後、憔悴する八重に、覚馬は捨松(水原希子)のいる日本赤十字社篤志看護婦人会へ行くよう促した。
当初行く気力のない八重だったが、襄のつくろうとした世界を実現させるためだとする覚馬からの叱咤を受け、八重は少しずつ前を向いてゆく。

襄のつくろうとした世界。
すなわち日本赤十字社の真髄は、敵味方の区別なく、傷ついた人間に手を差し伸べて、慈しみの光を当てること。


そして八重と捨松との再会。

八重と行動をともにする捨松が語るには、当初は薩長の金で学問を習得することに抵抗があったという。
しかし、日本国内でいかなる経緯があろうとも外国へ出ればすべて日本人、と諭す襄の考えに感化されて以来、より深く学ぶことができて、嬉しかったとのこと。

実習での八重は、かつての会津戦争の鶴ヶ城籠城戦で多くの傷病兵を手当てしたことあって、西洋人医師から高く評価された。

八重は襄のつくろうとした世界へと、足を踏み入れてゆく。


同年11月、第1回帝国議会が開会。

内閣総理大臣の山県有朋(猪野学)は、日本の主権と独立を守るために、国防力強化のための軍備に多額の予算を充当する旨を発表した。



襄のつくろうとした世界。


2009(平成21)年11月に発刊された、東京女子大学現代教養学部国際社会学科教授・黒沢文貴と、日本赤十字豊田看護大学看護学部准教授・河合利修による、

『日本赤十字社と人道援助』(東京大学出版会)

主な内容は、西洋先進国が示した「人道」の理念は、「文明国」をめざす近代日本においていかに受容され、展開したのかを軸に記述。

当時、新たに公開された日赤の原史料をもとに、その誕生から昭和初期の戦時救護を軸とした活動の実態を解明。
そして、日赤の国内的・国際的に持った意味の考察がされており、今日の人道活動を考えるうえでも指標となる貴重な一冊。


現在でも息づいているんだなあ。

タグ: 日本 東京 大河ドラマ 近代日本 意味 ドラマ 人間 真髄 綾瀬はるか 独立 学問 世界 国内 連絡 二人 誕生 考え 評価 言葉 NHK 予算 考察 感謝 神奈川県 条件 理念 オダギリジョー 爆弾 ネタバレ 発行 身体 時間 現在 宿泊 気持ち 国際 最後 医師 生瀬勝久 放送 前橋 手紙 西島秀俊 良心 強化 発表 活動 鶴ヶ城 墓碑銘 静か 危機 学び 近代 葬儀 国外 勝海舟 行動 貴重 看護 発売 直感 展開 深さ 療養 深い 再会 池田成志 大磯 高い 八重 学ぶ 抵抗 悪化 ふたり 昭和初期 不審者 心身 手当 西洋 11月 祈祷 遺体 指標 チャペル 失う 病弱 籠城戦 あらすじ 前後 記述 実態 大河 危機感 NHK大河ドラマ 主権 受容 国防 国際的 先進国 こと 内閣総理大臣 開会 2人 高さ 多額 最期 日本赤十字社 新島襄 猪野学 軍備 牧師 中村蒼 布教活動 上州 第48回 病状 同志社 人道 習得 埋葬 山本八重 布教 2013年 腹膜炎 大隈重信 山川捨松 2009年11月 捨松 大山捨松 永眠 水原希子 会津戦争 東京大学出版会 少しずつ 感化 横行 解明 心臓疾患 高く 徳富蘇峰 西洋人 特有 互い 病床 深く 諭す 手当て 強める 山県有朋 一冊 字体 行い 数日後 戦時 一員 重度 1890年 最後の言葉 帝国議会 古川雄輝 綾瀬はるか かわいい 救護 口止め 二人きり 右脚 新島八重 八重の桜 蘇峰 行う 戦時救護 発刊 八重の桜 あらすじ 憔悴 平成25年 八重の桜 ネタバレ 八重の桜 あらすじ ネタバレ 山本覚馬 覚馬 慈しみ 慈しむ 平成21年11月 八重の桜 時代背景 裏面史 ネタバレ からっ風 重篤 八重の桜 西郷隆盛 勝海舟 ネタバレ 川崎八重 薩長 八重の桜 山本覚馬 西島秀俊 ネタバレ 1889年 明治22年 諭し 深き 高き 強まる 八重の桜 中村蒼 熊本バンド 小崎弘道 徳富猪一郎 猪一郎 12月1日日曜日 2013年12月1日日曜日 平成25年12月1日日曜日 綾瀬はるか 画像 かわいい 2014年カレンダー 同年 明治23年 八重の桜 NHK 失い 東京女子大学現代教養学部国際社会学科教授 黒沢文貴 河合利修 日本赤十字豊田看護大学看護学部准教授 日本赤十字社と人道援助 活動先 百足屋 伝えない 当方無事 弱々しい 弱々しき 弱々しく 弱々しさ 1889年11月28日 明治22年11月28日 神奈川県大磯 狼狽するなかれ、グッドバイ、また会わん 享年46歳 1月23日14時20分 1890年1月23日14時20分 明治23年1月23日14時20分 明治23年1月27日13時 1890年1月23日13時 京都東山若王子山頂 日本赤十字社篤志看護婦人会 篤志看護婦人会 明治23年11月 1890年11月 第1回帝国議会 国防力 国防力強化 充当 西洋人医師 傷病兵 西洋先進国 文明国 国内的 国外的
2013-10-10 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます