So-net無料ブログ作成

あさきゆめみし NHK 最終回 ネタバレ






あさきゆめみし NHK 最終回 ネタバレ

11月21日木曜日放送。


かねてから八百源と関わりのある同心・青田源之丞(高橋和也)は、父・喜兵衛(中村雅俊)と母・お房(竹下景子)の悲しみを重く受けとめ、沙汰を待つ娘・お七(前田敦子)に入れ知恵を。

十五の年ならば、死罪すなわち火あぶりを免れることができるとして。

ところが、

白州にて、お七は十六の年であることを口にしてしまった。
減之丞が陰ながら促しても、お七の気持ちは揺るがず。

結局お七には、江戸市中引き回しの上の火あぶりの刑の沙汰が下ってしまった。


その沙汰に伴い、吉三郎(池松壮亮)には、偽りの訴えで奉行所を愚弄した咎として、百叩きの刑の後に所払いとなった。


処刑の迫る中、奉行所の計らいにより、喜兵衛とお房とお七の対面が許された。
悲しみの中、お七は蝶になりたいと口にして、静かなる今生の別れへ。


そして当日、

お七は江戸市中引き回しの後に、野次馬の見守る薪の山積みされた柱のある形場へ。

お七のためを思っての源之丞による計らいからか、お露(麻生祐未)の子で幼い異母弟の菊丸との対面の後に、袈裟を被った若い僧侶・吉三郎とも対面を果たすことに。
吉三郎は、お七に"末期の水"(まつごのみず)を静かに呑ませた後、互いに幸せであったことを語り合った後に、静かに離れた。

やがて、油の多く浸み込んだ薪に松明が投げられて、柱に縛られたお七を、激しい炎が包んで昇天してゆく。


数日がたち、

巡礼を続ける吉三郎の背後から、お七の呼ぶ声が...。

思わず振り返ると、お七の憧れていた蝶が可憐に舞い上がっていて...。

遥か遠くへ舞い上がった蝶を見届けた吉三郎は、再び静かに歩き始めた。



ふと思った。

もし、お七が源之丞の申し出に応じていたら、運命がどれだけ大きく変わっていたのだろうか、と。

いかに同心としての役目であれ、源之丞の胸の内は、痛かったんだろうなあ。

好きなものに殉じる姿というのは、自身の立場からすれば美しいものだろうけど、他人から見れば痛ましくて苦しいもの。


その殉じる姿を見届ける立場を演じた高橋和也、

2006(平成18)年4月から9月まで放送されたNHK朝ドラ『純情きらり』で演じた、7月下旬の第17週より登場の戦地の大陸より送還された傷病兵・鈴村浩樹が、なぜか印象に残っていて。

東京の病院への入院当初は心を閉ざしていたものの、看護婦の有森杏子(井川遥)の献身で前向きになる姿が印象的だった。

やがて東京大空襲で家族を失ったことに伴い、杏子と戦災孤児と一緒に新しい家族になってからは、杏子とともに、妹で音楽に殉じるヒロイン・桜子(宮﨑あおい)を温かく見届けることになって...。



好きなものに殉じる姿、さすがに考えさせられる。

タグ:幸せ 音楽 家族 東京 病院 江戸 朝ドラ 処刑 美しい 好き NHK しあわせ 入院 見守る 東京大空襲 ネタバレ 大きい 自身 井川遥 運命 放送 新しい あさきゆめみし 4月 遥か 杏子 一緒 前向き 2006年 平成18年 僧侶 大きく 静か 最終回 巡礼 看護婦 多い 若さ 山積 宮﨑あおい 野次馬 苦しみ 菊丸 池松壮亮 美しさ 苦しい 印象 憧れ 若い 竹下景子 姿 あこがれ 白州 多さ 中村雅俊 9月 ヒロイン 他人 訴え 前後 麻生祐未 立場 大きさ 前田敦子 遠い 幼い 激しい 申し出 松明 大陸 舞う 偽り 当初 高橋和也 純情きらり 大きめ 多め 異母弟 昇天 背後 NHK朝ドラ 役目 可憐 多く 2013年 同心 激しく 美しく 末期 山積み 幼き 遠く 苦しく 献身 市中 桜子 呼ぶ 対面 迫る 互い 若く 送還 幼さ 関わる 苦しさ お七 青田 関わり 第17週 見守り 戦地 刑場 奉行所 激しさ 美しき 火あぶり 戦災孤児 今生の別れ 遠目 苦しむ 平成25年 若き 多き 遠き 遠さ 激しき 苦しき はからい 計らい 舞い 11月21日木曜日 平成25年11月21日木曜日 2013年11月21日木曜日 お露 NHK木曜時代劇 内外 2006年4月 平成18年4月 あさきゆめみし NHK 木曜時代劇 幼く 八百源 喜兵衛 遠め あさきゆめみし NHK 第1回 ネタバレ あさきゆめみし NHK 第2回 ネタバレ あさきゆめみし NHK 第3回 ネタバレ あさきゆめみし NHK 第4回 ネタバレ あさきゆめみし NHK 第5回 ネタバレ あさきゆめみし NHK 第6回 ネタバレ あさきゆめみし NHK 第7回 ネタバレ あさきゆめみし NHK 第8回 ネタバレ あさきゆめみし NHK 第9回 ネタバレ お房 吉三郎 傷病兵 青田源之丞 あさきゆめみし NHK ネタバレ あさきゆめみし ネタバレ 死罪 あさきゆめみし~八百屋お七異聞 NHK 木曜時代劇 最終回 ネタバレ 十五 十六 減之丞 江戸市中引き回し 引き回し 愚弄 百叩きの刑 火あぶりの刑 百叩き 所払い 末期の水 まつごのみず 殉じる 痛ましい 痛ましき 痛ましく 痛ましさ 見届ける 鈴村浩樹 7月下旬 2006年9月 2006年7月下旬 平成18年9月 平成18年7月下旬 有森杏子
2013-10-21 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます