So-net無料ブログ作成

木村文乃 ディズニー 絵本 おおきな木


木村文乃 ディズニー 絵本 おおきな木

11月22日金曜日公開の映画『すべては君に逢えたから』、中でも「遠距離恋愛」の鑑賞の待ち遠しい今日この頃のこと。

去る11月7日木曜日より放送されている東京ディズニーリゾートの新CMを時折目にすることとなって...。



木村文乃の出演する、その新CMのテーマは、「ココロの距離が近くなる」。

それは、冬の定番スペシャルイベントとして、東京ディズニーランドでの「クリスマス・ファンタジー」、東京ディズニーシーでの「クリスマス・ウィッシュ」が11月7日木曜日より開催されることに合わせての放送。

実際に木村文乃が疎遠になっていた大切な友人と、東京ディズニーランドで2年ぶりに再会する瞬間を撮影した内容となっていて。


聞くところによれば、木村文乃と友人で女優の八木のぞみは、同じ事務所に所属。
ともに女優を目指して励まし合い、支え合ってきた親友。

しかし、仕事の多忙につれ、スケジュールが合わなくなり、いつの間にか2人の距離は離れて、ふと気づけば最後に会ってから2年が経過していたとのこと。

そんな2人がたびたび一緒に訪れ、思い出を積み重ねていたのは、東京ディズニーリゾート。

この度の2年ぶりの親友の再会となる木村文乃にとって、アトラクションに乗って楽しんだり、おしゃべりしながら歩き回って過ごした一緒の時間は、かけがえのないものに。


ともにありのままの素顔を堪能できるCMそのものだった。



木村文乃は、本当に印象に残るCM出演が多いんだよなあ。

普段から気さくではきはきと話せる女性なだけに、撮影に携わるスタッフへの印象の良さが、好感度を高めているのかもしれない。


ただ、10代の頃、中でも思春期の頃は、人とコミュニケーションをとることが苦手で、結構内向的だったとのこと。
それでも、自身に愛情を注いでくれる人が周囲にいてくれたお陰で、現在に至ることができたという。

やはり、トライストーン・エンタテイメントのマネージャーや上層部の存在の後押しなんだろうなあ。

それを、木村文乃自身の愛読書の一つである絵本『おおきな木』に出てくる"りんごの木"に例えているところが、面白い。



『おおきな木』は、シェル・シルヴァスタイン原作、ほんだきんいちろう訳として、篠崎書林より1976(昭和52)年1月に発売された絵本。

ただ、現在は品切れ再販未定の状態。
村上春樹訳として、あすなろ書房より2010(平成22)年9月発売の絵本を、購入するしかなかった。


感想としては、村上春樹独特の色彩のない反面、原作に忠実な訳。

原書の英語は中学生レベルで簡単なので、後日そちらと読み比べてみると面白そうだろうなあ。


"(原題)The Giving Tree"=「おおきな木」

(心が)おおきな木、(器が)おおきな木、
まさに、原文を超えるいろいろなニュアンスが含まれていて...。

1本のリンゴの木と男の子の物語ながらも、シンプルな絵と短い文が素敵な絵本そのもの。


本編では、木を指す"she"という語を受けて、木をはっきり"女性"として描写。
その分「母親の無償の愛」の印象がかなり強く、尽くすことが愛情表現とする優しくて少し気弱な母親のイメージかなあ。

物語の進展につれ、男の子は木からぶらんこをしてもらったり、木の枝をもらったり、いろいろ「与えられる」経験をして成長。
木としてはそれで嬉しかったとのことだけど、「だけど それは ほんとかな?」という男の子の想い。


やがて男の子はいつか大人となり、もはや木とは遊ばない・・・。

それでも、木は男の子のために、いつまでも待ち続け、いつまでも与え続ける。


「母親の無償の愛」か...。


人間は誰でも、どんな時も相手のために全力を尽くすことを口にして、その通りにしてくれる存在が身近にいるとういう実感を得ることで、生きるという活力を高められる。

そのことを改めて突きつけられたかのよう。


絵本としては白黒だから、小さな子どもはあまり喜ばないかもしれない。
どちらかというと大人向けにも相応しいものかなあ。

それでも、大人は大人 子どもは子どもなりの感じ方のできる、奥の深い絵本であることに変わりない上に、シンプルな中に切なさを感じてしまい、涙しそうな絵本。

大切にしたいな。



話は変わって、この度公開の映画『すべては君に逢えたから』の「遠距離恋愛」で、雪奈を演じた木村文乃の感想が素晴らしかった。


普通、人は誰かに何かをしたら、つい見返りを求めてしまう。
私が映画で演じた雪奈も、彼のことは大好きだけど、どうしても信じきれなかったり、構ってくれないことに失望したりします。

でも、この木は、少年に対してあらゆるものを惜しみなく与え続け、それだけで満足する。

自分には何も残らなくても、

「きは それで うれしかった」

と言うんですよ。

私はこの一文がすごく好きなんです。

ただ自分がしてあげたいことをした。だから、それでよかった。
そういう終わり方にとても心を動かされました。

誰かに対して無償の愛を注ぎ続ける...。
私もいつかそういうことができる人間になりたいと思うのですが、今はまだまだですね。



親友との再会、所属事務所からの温かい後押し、女性としても女優としても、将来への良き糧になったんだろうなあ。

タグ:仕事 映画 子供 白黒 感想 スケジュール 英語 読書 東京 イベント 村上春樹 撮影 ファンタジー 面白い 人気 クリスマス スタッフ CM 表現 簡単 人生 人間 思い出 想い出 強く 優しく こども コミュニケーション 再販 ディズニーランド ディズニーシー ディズニーリゾート コドモ スペシャル 自分 愛情 想い なし 二人 シンプル 好き 東京ディズニーリゾート 東京ディズニーシー 公開 親友 中学生 購入 思い リンゴ 友人 遊ぶ 子ども 成長 女性 満足 瞬間 東京ディズニーランド 生物 母親 経験 りんご 話す 苦手 身体 アトラクション 時間 大人 本当 自身 自分自身 現在 生きる 開催 シェル・シルヴァスタイン 大好き 気持ち 林檎 最後 定番 嬉しい 人物 新CM スペシャルイベント リゾート 普段 放送 マネージャー 新しい 色彩 同じ ない 一緒 おしゃべり 未定 事務所 強み 支え 実感 なく いい 強さ 優しさ ありのまま 鑑賞 愛情表現 原作 発売 遠距離恋愛 新しさ レベル 深さ 全力 状態 良い 深い 再会 テーマ 切ない 存在 短い 嬉しさ 印象 ランド シー 木の枝 高い 所属 思う 内容 大切 距離 相手 強い 男の子 原書 自体 周囲 品切れ ふたり 面白さ 堪能 心身 良さ おもしろい 進展 反面 結構 尽くす 多忙 思春期 無償 10代 2年 愛読書 超える She 人身 した 見返り ウィッシュ 後日 出演 物体 すき 積み重ね 2人 高さ 少し 受け 励まし いきる 一つ 気弱 好感 クリスマス・ファンタジー ひとつ 一文 よかった 離れ 経過 本編 活力 あすなろ書房 素顔 ふさわしい 目指す 高める 2013年 好感度 生体 無償の愛 忠実 優しい 強め 独特 生気 ニュアンス 身近 目指し 深み The Giving Tree そのもの ぶらんこ おもしろさ 原文 1本 終わり方 高く 励ます 強気 話し 良く 2年ぶり 押す 八木のぞみ 良き 受ける 得る 深く 新た かけがえのない 高まり 短く 原題 描写 篠崎書林 面白く 切なさ 想う 面白味 疎遠 面白そう 自生 高め 気さく 待ち遠しい 押し 超え 相応しく 2010年9月 平成22年9月 クリスマス・ウィッシュ 話せる 人心 上層部 高めて 後押し 遊ばない 中学生レベル 木村文乃 CM 超えて よく 内向的 与えられる よい おもしろそう 高見 注ぐ 相応しい 木村文乃 かわいい 平成25年 トライストーン・エンタテイメント 切なく よさ 待ち遠しさ よき 嬉しき 嬉しく 面白き おもしろく おもしろき 強き 深き 優しき 新しく 新しき 深め 相応しき 相応しさ ふさわしく ふさわしさ ふさわしき すべては君に逢えたから 尽くし 高き 面白み おもしろみ 強味 東出昌大 演技 すべては君に逢えたから 雪奈 11月22日金曜日 2013年11月22日金曜日 平成25年11月22日金曜日 高まる 切なき 高み 木村文乃 画像 カレンダー 2014 木村文乃 カレンダー 2014 待ち遠しき 待ち遠しく 強目 11月7日木曜日 平成25年11月7日木曜日 2013年11月7日木曜日 1つ 物心 なき 気心 身心 木村文乃 写真集 ふみの 木村文乃 ファースト 写真集 ふみの 木村文乃 ディズニー 木村文乃 ディズニー 絵本 おおきな木 木村文乃 ディズニーランド 絵本 おおきな木 木村文乃 ディズニーランド ココロの距離が近くなる 冬の定番スペシャルイベント 訪ね はきはき 注ぎ 注いで りんごの木 シェル・シルヴァスタイン原作 ほんだきんいちろう訳 ほんだきんいちろう 昭和52年1月 1976年1月 村上春樹訳 読み比べ (心が)おおきな木 心が (器が)おおきな木 器が 1本のリンゴ 短き 短さ 短い文 受けて 母親の無償の愛 だけど それは ほんとかな? 待ち続け 与え続け その通り 惜しみなき 惜しみなく 惜しみなさ 惜しみない 与え きは それで うれしかった してあげたい 明日、ママがいない 木村文乃 明日、ママがいない キャスト 木村文乃 木村文乃 氷結 木村文乃 CM KIRIN 氷結 くちびるに歌を 映画 新垣結衣 アンジェラ・アキ くちびるに歌を 映画 新垣結衣 アンジェラ・アキ 手紙 ~拝啓 十五の君へ~ 木村文乃 画像 かわいい 木村文乃 映画 太陽の坐る場所 木村文乃 映画 太陽の坐る場所 辻村深月 直木賞 木村文乃 映画 太陽の坐る場所 辻村深月 直木賞 傑作ミステリー 木村文乃 かわいい 素顔 木村文乃 素顔 木村文乃 森永乳業 MOW 木村文乃 森永乳業 木村文乃 MOW 木村文乃 かわいい 森永乳業 MOW 木村文乃 かわいい CM 森永乳業 MOW 木村文乃 かわいい CM 木村文乃 かわいい CM 森永乳業 MOW 毎日 おいしい プレミアム 木村文乃 かわいい 森永乳業 MOW 毎日 おいしい プレミアム 木村文乃 かわいい 森永乳業 MOW 毎日 プレミアム
2013-11-10 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます