So-net無料ブログ作成

軍師官兵衛 NHK あらすじ ネタバレ 第5回


軍師官兵衛 NHK あらすじ ネタバレ 第5回

2月2日日曜日に放送。


1568(永禄11)年7月、織田信長(江口洋介)の招きにより、足利義秋改め義昭(吹越満)が越前から岐阜へ移ると、次期将軍を守護するという大義名分を得ることとなった信長は、同年9月、天下布武を掲げて上洛。

戦の続いた京の街並みは荒れ果て乱暴狼藉も日常茶飯事だったものの、信長はわずか1ヶ月で街の風紀を正した。
今や都で信長を悪く言うものはいない。

その信長に一目置き家督を継いだ官兵衛(岡田准一)も、忙しい日々ながらも、領民に慕われて、光(中谷美紀)との仲も良好。

ある日のこと、炭や油をもっと使わせてほしいとする光の侍女・お福(阿知波悟美)と節約すべきとする小兵衛(塩見三省)とが諍い。

困惑する光に、金はいざという時に使うまで大切に蓄えておくとする祖父・重隆(竜雷太)由来の家風であることを、官兵衛は説明。
現に官兵衛自身、贅沢を好まず質素な着物しか着ない。

それでも、新たな命の誕生を待ちわびる若夫婦は、幸せいっぱい。


同年10月、義昭は第15代将軍に就任。

信長が褒美として願ったのは、官職でも官位でもなく、堺、大津、草津、といった莫大な収益をもたらす商業都市を自身の直轄地とすることにあり、真意を知らない義昭は、信長の掌中に踊らされるだけだった。


近江では、竹中半兵衛(谷原章介)が隠居生活の日々。

稀代の軍師として味方に引き入れようと、木下藤吉郎(竹中直人)は何度断られても、めげずに通い続けて。
半兵衛は、主君だった美濃の斎藤家の親兄弟の争いと滅亡へ導いた信長の非情な手段に、かなりの違和感を抱いていた。

しかし、すべては乱世を終わらせて天下をとるためであることを強く訴えて、地に頭をすりつけて土下座する藤吉郎の姿に動かされた半兵衛は、信長に仕えるという建前をとる傍ら、藤吉郎の下で働きたい旨を伝えた。

すべては乱世を終わらせるために。


同じ頃、姫路城にて、官兵衛と光に待望の嫡男が誕生。
名は松寿丸、のちの黒田長政。

しかし、平穏な日々は長く続かず1569(永禄12)年5月、宿敵である龍野城の赤松政秀(団時朗)が、播磨最大の兵力を誇る三木城の別所安治と手を組み挙兵。
幸か不幸か、別所軍は赤松軍との合流に失敗。
迎撃にあたった官兵衛は、わずか数百の手勢で赤松軍に奇襲し、赤松軍の3,000余の兵を撃退。

この勝利で、政職(片岡鶴太郎)が赤松を侮る反面、官兵衛は赤松による姫路を狙った雪辱戦を予測。
この時こそ金の使い時と考えた官兵衛は、家臣たちに惜しむことなく褒美を与えた。
官兵衛からの賞賛と激励に、家臣たちは皆やる気満々。
光は深謀遠慮に長けた夫に惚れ惚れ。


それから1ヶ月後、赤松は再度挙兵。
松寿丸を抱いた光に必ず姫路を守って戻ると約束し、姫路を父の職隆(柴田恭兵)に任せて、政職から先鋒を言いつかった官兵衛は出陣。

敵は3,000余、正面からでは勝ち目はない。
官兵衛か休夢(隆大介)と友氏(飯田基祐)と策を練っている時に、石川源吾(升毅)率いる大軍が奇襲。
黒田軍は最前線で必死に応戦したが、旗色が悪いと見た政職は、一戦も交えずに自軍を撤退させてしまった。

官兵衛は愕然としながらも、黒田勢のみで反撃を試みるものの、次第に窮地へと追い詰められてゆく。

そして、夜明け方、官兵衛のもとに、友氏と小兵衛の討死の知らせが...。

悲しむ間もなく奮闘する官兵衛のもとに、父・職隆率いる援軍が加勢。
黒田軍は息を吹き返し、疲れの見え始めた赤松軍が次第に押し流された。

夜となって、黒田軍の生き残りが傷だらけで戻って間もなく、姫路での籠城を提案する休夢に対して、官兵衛は奇襲攻撃を主張。

「進みて禦ぐべからざるは、その虚をつけばなり」

兵が傷つき疲れているのは敵も同じで、しかも赤松軍は今宵は攻めてくるまいと油断しているとの予測。
この時こそ敵を攻めないと守りきれないとして、官兵衛は奇襲攻撃の先陣を切った。

亡き父・小兵衛からの殿をお守りしろとの命で、傷つき全身血まみれの息子・武兵衛(永井大)も付き従うこととなった黒田軍による奇襲は、赤松軍の大混乱となり、石川が討ち取られての敗走に。
そして、長年の宿敵・赤松政秀は、この戦の後に、ほどなくこの世を去った。


姫路城では、光が気丈に留守を守り、城の女が戦から戻った男たちを出迎えていて...。

戻ってきた官兵衛は、つらさをこらえて、自身の盾となり石川の槍に倒れた武兵衛の討死を、武兵衛と将来を誓い合った侍女・お国(中川翔子)に伝えた。

泣き崩れるお国に光が寄り添い、官兵衛は悲しみを振り切るかのように、家臣団の前に進み出て太刀を引き抜き、皆と苦い勝ちどきを挙げることとなった。



ことをなして、"勝利"という感触を得ることができても、大切な人を失ってしまった悲しみは大きいもの。

以後は歳月のめぐる度に、お彼岸、お盆、などを通して、大切な人に『軍師官兵衛 かぼすの香りのお線香』などでも捧げて偲ぶということ。

決して忘れたくないもの。

タグ:幸せ 生活 節約 着物 草津 夜明け 大河ドラマ 失敗 中川翔子 岡田准一 ドラマ 人間 キャスト 強く 石川 自分 奮闘 誕生 中谷美紀 都市 NHK しあわせ 予測 撤退 姫路城 日々 約束 息子 江口洋介 姫路 お盆 長さ 悲しい 美濃 勝利 ネタバレ つらい 時間 大きい 大人 やる気 街並み 疲れ 自身 自分自身 祖父 お彼岸 気持ち 幸福 説明 放送 由来 新しい 日常茶飯事 将来 提案 油断 手段 強み 混乱 不幸 斎藤 利益 強さ 大きく 織田信長 竹中直人 谷原章介 就任 忙しい 長い 大津 黒田官兵衛 足利 黒田 宿敵 違和感 播磨 三木 軍師 新しさ 主張 柴田恭兵 明け方 悲しみ 竹中半兵衛 生命 黒田長政 誓い 誇り 寄り添う 第5回 必死 守る 大切 感触 強い 10月 姿 商業 商業都市 非情 出陣 最大 平穏 1ヶ月 9月 7月 反面 褒美 信長 援軍 あらすじ 訴え 前後 大河 大きさ NHK大河ドラマ 待望 全身 撃退 寄り添い 太刀 籠城 片岡鶴太郎 苦い 長けた 争う 争い 知らせ 阿知波悟美 今宵 味方 建前 真意 大目 将軍 団時朗 戻る 忙しく 滅亡 永井大 別所 困惑 勝ちどき 竜雷太 加勢 大きめ 大義名分 守護 反撃 乱暴 乱世 近江 木下藤吉郎 合流 偲ぶ 貯え 血まみれ 蓄え 迎撃 奇襲攻撃 土下座 雪辱 風紀 戻り 最前線 守り 生き残る 龍野城 質素 赤松 三木城 穏やか 足利氏 賞賛 升毅 塩見三省 大混乱 生き残り 再度 良好 傷だらけ 正面 長年 親兄弟 激励 松寿丸 直轄 悲しく 荒れ 敗走 強気 上洛 足利義昭 奇襲 長く 隠居 応戦 新た 悲しさ 歳月 龍野 長政 忙しさ 天下 官職 明け 藤吉郎 窮地 官兵衛 黒田家 天下布武 大き目 出迎え 侍女 手中 2014年 捧ぐ 称賛 飯田基祐 お国 お福 家臣 やる気満々 嫡男 兵力 挙兵 いさかい 莫大 誇る つらさ 愕然 長め 隠居生活 深謀遠慮 正す 伝え 黒田氏 慕う 苦さ 諍い 家臣団 1ヶ月後 軍師官兵衛 キャスト 岡田准一 軍師官兵衛 軍師官兵衛 あらすじ 苦く 第15代将軍 誓う 1568年 平成26年 主君 討死 先鋒 惚れ 軍師官兵衛 キャスト 長き 強き 悲しき 新しく 新しき 慕い 若夫婦 忙しき 半兵衛 つらく 赤松氏 強味 黒田重隆 同年 惚れ惚れ 満々 哀しむ つらき 大い 稀代の軍師 黒田光 小寺政職 悲しげ 軍師官兵衛 キャスト 黒田官兵衛 岡田准一 軍師官兵衛 キャスト 黒田職隆 柴田恭兵 軍師官兵衛 キャスト 柴田恭兵 軍師官兵衛 キャスト 黒田光 中谷美紀 軍師官兵衛 キャスト 中谷美紀 軍師官兵衛 キャスト 豊臣秀吉 竹中直人 軍師官兵衛 キャスト 竹中直人 軍師官兵衛 キャスト 竹中半兵衛 谷原章介 軍師官兵衛 キャスト 谷原章介 軍師官兵衛 キャスト 小寺政職 片岡鶴太郎 軍師官兵衛 キャスト 片岡鶴太郎 気丈 雪辱戦 永禄11年 重隆 家督 政職 小寺 赤松政秀 別所安治 職隆 小寺家 黒田職隆 軍師官兵衛 キャスト 濱田岳 軍師官兵衛 キャスト 栗山善助 濱田岳 仕え 軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第1回 軍師官兵衛 ネタバレ 軍師官兵衛 あらすじ ネタバレ 第1回 軍師官兵衛 あらすじ ネタバレ 軍師官兵衛 NHK 軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 軍師官兵衛 大河ドラマ 稀代 母里小兵衛 母里 母里家 小兵衛 武兵衛 石川源吾 赤松家 軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第2回 軍師官兵衛 あらすじ ネタバレ 第2回 軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ 軍師官兵衛 あらすじ ネタバレ 第3回 政秀 小寺軍 隆大介 休夢 黒田休夢 井手友氏 母里武兵衛 軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第3回 軍師官兵衛 NHK ドラマ 軍師官兵衛 ドラマ 母里氏 小寺氏 軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第4回 軍師官兵衛 あらすじ ネタバレ 第4回 軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第5回 軍師官兵衛 あらすじ ネタバレ 第5回 軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第6回 軍師官兵衛 あらすじ ネタバレ 第6回 軍師官兵衛 NHK あらすじ ネタバレ 第5回 2月2日日曜日 2014年2月2日日曜日 平成26年2月2日日曜日 次期将軍 1568年7月 永禄11年7月 1568年9月 永禄11年9月 足利義秋 義昭 義秋 足利家 荒れ果て 狼藉 乱暴狼藉 正し 黒田軍 忙しげ 領民 慕われ 家風 1568年10月 永禄11年10月 官位 直轄地 掌中 斎藤家 1569年5月 永禄12年5月 播磨最大 別所軍 別所家 別所氏 数百 手勢 3,000余 侮り 侮る 長ける 長け 勝ち目 友氏 大軍 旗色 自軍 黒田勢 夜明け方 進みて禦ぐべからざるは、その虚をつけばなり 先陣 全身血まみれ 泣き崩れ 振り切り 振り切る 苦き 軍師官兵衛 かぼすの香りのお線香 かぼすの香りのお線香 偲び 捧げ 軍師官兵衛 NHK あらすじ ネタバレ 第6回 軍師官兵衛 NHK あらすじ ネタバレ 軍師官兵衛 NHK あらすじ 軍師官兵衛 NHK あらすじ ネタバレ 第1回 軍師官兵衛 NHK あらすじ ネタバレ 第2回 軍師官兵衛 NHK あらすじ ネタバレ 第3回 軍師官兵衛 NHK あらすじ ネタバレ 第4回
2014-01-02 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます