So-net無料ブログ作成

軍師官兵衛 NHK あらすじ ネタバレ 第10回



軍師官兵衛 NHK あらすじ ネタバレ 第10回

3月9日日曜日に放送。


1576(天正4)年5月、海を埋め尽くす船が、姫路城の南方に位置する英賀の浜に相次いで到達、武装した毛利軍の兵士が上陸へ。
数にして、およそ5,000余。

毛利軍の大将・浦宗勝が本陣を構えた、播磨における一向宗の一大拠点・英賀御堂には、近隣の門徒衆が続々と集結。

官兵衛(岡田准一)が檄を飛ばすも、小寺の軍勢は1,000にも足らず、織田の援軍もいつの到着か不明。
政職(片岡鶴太郎)は動転するばかり、官兵衛は無言のまま目まぐるしく考えをめぐらせるだけだった。


頼みの信長(江口洋介)の軍勢は、天王寺砦で石山本願寺を包囲するものの、逆に一向宗の門徒衆からの猛攻で苦戦。

毛利による播磨出兵は、同じく信長包囲網を形成したい石山本願寺との示し合わせによる動きにあるようで。

相次ぐ武将の討死に堪りかね、信長はわずかな手勢で砦から戦場へ打って出たが、逆に脚を銃撃されて落馬。
勢いづいた敵の突撃で万事休すに。
しかしそこへ、秀吉(竹中直人)率いる鉄砲隊が到着。

一斉射撃で敵が次々に倒れて、織田軍は形勢を逆転させて、一気に門徒衆を撃退へ。


話は播磨に戻って、

櫓の上で毛利軍の状況を確認する官兵衛も職隆(柴田恭兵)も、5,000余ものの敵は初めてのこと。
まともに立ち向かっては、万に一つの勝ち目もない。

別所と赤松は様子見をしているらしく、援軍を差し出される気配がない。

そこへ、敵陣に潜り込んで探りを入れていた善助(濱田岳)からご注進。
毛利からの総攻めは明日とのこと。

一旦引き上げて時を稼ごうと口にする政職だったが、敵は大軍ゆえに小寺を侮り油断しているということ、時が立てば敵の勢いは増強し自軍が不利になるゆえ、折しも霧の出る翌日早朝に攻めるのが肝心だと官兵衛は断言。

森を覆う霧の中から現れた官兵衛率いる軍は、槍を振り回して立て続けに敵を倒してゆく太兵衛(速水もこみち)を先鋒に果敢に突撃。
突然の襲撃に慌てふためく宗勝が反撃を声高に呼びかけるも、官兵衛の指示で善助が大きく旗を振るなり、勇ましい太鼓とホラ貝の音色が、大きく響き渡って...。

”援軍"(?)を察した毛利軍は撤退を始めた。
霧の向こうで職隆と休夢(隆大介)率いる年寄りの領民たちが、城の女たち総出で布を縫い合わせて作った旗指物を掲げていることを知らないままに。

官兵衛は政職に敢えて釘を刺した。
追い払ったに過ぎないものの、播磨を揺さぶるには充分であろうと。

姫路城に戻った官兵衛は、光(中谷美紀)と二人きり。
官兵衛は、敵兵の数の多さから、恐怖で震えが止まらなかったという。
光は、姫路を守ったと、官兵衛を優しく讃えた。


数日後の夜、官兵衛が秀吉に書状をしたためる中、職隆が酒を持って尋ねてきて話し合いへ。
本当の戦はこれからであるということ、この度の毛利からの攻撃は播磨全体への大きな揺さぶりにあるということ、今後20,000余の大軍の襲来も考えられるということを。


この年より、信長は安土に城を築き始めて、完成を待たないまま居を移した。
安土は京に近く琵琶湖に面した交通の要衝であることを、信長は視野に入れており...。


ところが、同年1576(天正4)年7月。

摂津の木津川河口にて、石山本願寺に兵糧を運び込もうとする毛利の水軍と、阻止を計る織田の水軍が激突。

織田軍は大敗し、水軍は壊滅。

この大敗は、官兵衛への新たな危機へ...。



室町幕府終焉でも、混沌とした政情は変わらず。

激しい行動の伴う戦で、それぞれの兵士の力の源は何かなあ。


黒田屋官兵衛商店の「七宝辣油」。

はるか戦国の世から受け継がれた味わいだったりして。

食べるラー油で有名、噛めば噛むほど味わいが出るという。
もちろんご飯のお供はじめ、チャーハンやおにぎりなどにも、ふさわしいとのこと。

程良い辛さのある美味しさか...。

タグ:京都 琵琶湖 食べる 大河ドラマ ごはん ご飯 岡田准一 時代 ドラマ 美味 御飯 美味しい 考え 中谷美紀 恐怖 完成 交通 おにぎり NHK ラー油 姫路城 チャーハン 速水もこみち 江口洋介 姫路 動く ネタバレ 明日 武将 炒飯 放送 新しい 早朝 油断 位置 音色 増強 いい 攻撃 豊臣秀吉 羽柴秀吉 織田信長 竹中直人 危機 黒田官兵衛 黒田 天王寺 近隣 播磨 行動 混沌 河口 大将 新しさ 激突 良い 濱田岳 動向 5月 太鼓 辛さ 視野 大敗 肝心 戦場 年寄り 逆転 味わい 戦国時代 商店 様子見 良さ 7月 秀吉 信長 戦国 援軍 第10回 あらすじ 襲撃 大河 NHK大河ドラマ 撃退 全体 鉄砲 銃撃 動き 到達 苦戦 壊滅 味わう 話し合い 片岡鶴太郎 お供 1,000 襲来 南方 先頭 動転 安土城 落馬 終焉 別所 不利 反撃 摂津 震え 栗山 木津川 上陸 織田 赤松 旗指物 拠点 辛味 兵士 武装 充分 母里太兵衛 本陣 断言 攻め 織田家 毛利 集結 無言 程良い 良く 美味しく 水軍 果敢 美味しさ 良き 形成 栗山善助 門徒 新た ホラ貝 5,000 食べるラー油 織田軍 一向宗 安土 突撃 とも わずか 官兵衛 黒田家 2014年 兵糧 総出 石山本願寺 毛利軍 僅か 探る 探り 話し合う よく よい 鉄砲隊 出兵 黒田氏 要諦 御供 軍師官兵衛 キャスト 岡田准一 軍師官兵衛 軍師官兵衛 あらすじ 栗山氏 形勢 肝心要 討死 先鋒 よさ 軍師官兵衛 キャスト よき 美味しき 猛攻 包囲 新しく 新しき 赤松氏 揺さぶり 政情 1576年 天正4年 黒田光 小寺政職 軍師官兵衛 キャスト 黒田官兵衛 岡田准一 軍師官兵衛 キャスト 黒田職隆 柴田恭兵 軍師官兵衛 キャスト 柴田恭兵 軍師官兵衛 キャスト 黒田光 中谷美紀 軍師官兵衛 キャスト 中谷美紀 軍師官兵衛 キャスト 豊臣秀吉 竹中直人 軍師官兵衛 キャスト 竹中直人 軍師官兵衛 キャスト 竹中半兵衛 谷原章介 軍師官兵衛 キャスト 谷原章介 御堂 軍師官兵衛 キャスト 小寺政職 片岡鶴太郎 軍師官兵衛 キャスト 片岡鶴太郎 政職 小寺 書状 美味しげ 小寺家 軍師官兵衛 キャスト 濱田岳 軍師官兵衛 キャスト 栗山善助 濱田岳 軍師官兵衛 ネタバレ 軍師官兵衛 あらすじ ネタバレ 軍師官兵衛 NHK 軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 軍師官兵衛 大河ドラマ 母里 母里家 赤松家 軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ 軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ 軍勢 信長包囲網 善助 太兵衛 軍師官兵衛 キャスト 速水もこみち 軍師官兵衛 NHK ドラマ 軍師官兵衛 ドラマ 母里氏 小寺氏 軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第6回 軍師官兵衛 あらすじ ネタバレ 第6回 黒田軍 領民 別所家 別所氏 手勢 侮り 侮る 大軍 自軍 栗山家 織田氏 軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第7回 軍師官兵衛 あらすじ ネタバレ 第7回 軍師官兵衛 キャスト 井上九郎右衛門 高橋一生 軍師官兵衛 キャスト 高橋一生 軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第8回 軍師官兵衛 あらすじ ネタバレ 第8回 軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第9回 軍師官兵衛 あらすじ ネタバレ 第9回 軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第10回 軍師官兵衛 あらすじ ネタバレ 第10回 交通の要衝 要衝 軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第11回 軍師官兵衛 あらすじ ネタバレ 第11回 軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第12回 軍師官兵衛 あらすじ ネタバレ 第12回 3月9日日曜日 2014年3月9日日曜日 平成26年3月9日日曜日 1576年5月 天正4年5月 1576年7月 天正4年7月 5,000余 大将・浦宗勝 浦宗勝 宗勝 一大 一大拠点 英語加賀御堂 門徒衆 天王寺砦 播磨出兵 示し合せ 程良い辛さ 程良き 程良く 程良さ ほど 黒田屋官兵衛商店 七宝辣油 室町幕府終焉 戦国の世 1,000余 総攻め 20,000余 20,000 播磨全体 交通の要諦 木津川河口 軍師官兵衛 キャスト 母里太兵衛 速水みこみち 英賀御堂 軍師官兵衛 NHK あらすじ ネタバレ 第12回 軍師官兵衛 NHK あらすじ ネタバレ 第11回 軍師官兵衛 NHK あらすじ ネタバレ 第9回 軍師官兵衛 NHK あらすじ ネタバレ 第8回 軍師官兵衛 NHK あらすじ ネタバレ 第7回 軍師官兵衛 NHK あらすじ ネタバレ 第6回
2014-02-04 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます