So-net無料ブログ作成

蘇活力 本 南和友



蘇活力 本 南和友

お恥ずかしながら自分の年齢上の問題が原因なのか、入退院を繰り返す父の病状が気がかりだからか、著書がベストセラーでもあることを何気に知ることとなったミーハー心も加わって、つい購入することに。


それは、昨年2013(平成25)年11月28日木曜日発売の、『蘇活力 血流をコントロールして弱った身体をよみがえらせる』(南和友 / アチーブメント出版)。


基本的には、自律神経を鍛えれば良い、という考えで、早寝早起き、暴飲暴食を慎む、などといったどの著書にもありがちな内容が記載。

特に、自律神経を鍛えるには、感動が一番であるということ。
大きな感動により交感神経が興奮、続いて副交感神経も興奮、ゆえに大きな満足感が得られて、自律神経も強くなってゆく、ということ。

自己治癒力を高めるとか、骨密度を高くする方法とか、決して年配の方々だけでなく、若い人も知っておいて損のない著書だった。


ただ、「加齢とともに、副交感神経が強くなってバランスが崩れる」などのくだりは、通常の医学書とは逆の展開か...。

むしろ定年退職後への視野に、比重が大きいといったところかなあ。



「改めて生活習慣を見直すきっかけを見つけた」、といった大それたことでないにせよ、感動体験をはじめとして教養も養われる生活習慣への提言か...。

常日頃からの慎ましい積み重ねが大切であることだけは、確か。

2014-02-14 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます