So-net無料ブログ作成

辻村深月 家族シアター 感想


辻村深月 家族シアター 感想

この年2014(平成26)年もいよいよ年の瀬...。

この年1年間を振り返ってみれば、いろいろ想いを馳せてみたくなるもので...。


あの「3.11」こと2011(平成23)年3月11日金曜日の東日本大震災以来、"絆"という言葉が重宝されて久しく....。

あらゆる意味における"風化"を無意識のうちに実感してしまいがちなったのは、もどかしいもので....。

それゆえに、年末年始における家族の集まりは、かなりの貴重なひととき....。

それぞれの立ち位置を自然と意識するためにも...。



そのような気持ちの強まる中で、ふと書店で目にすることになった、10月21日火曜日発売の辻村深月の最新刊『家族シアター』(講談社)...。

7編の短編集に描かれたそれぞれの家族物語による構成は、読みやすさはもちろん、心温まるものばかりで....。


「「妹」という祝福」には、中学生以来のマジメな由紀枝とイケてる妹・亜季との対比を中心に描かれ、姉・由紀枝の結婚式にて、一つ下の妹・亜季の見つけた由紀枝からの手紙による温かみが...。

「サイリウム」には、弟・ナオからアイドル追っかけをしていることをバカにされていた、バンド追っかけの姉・真矢子の揺れる心が...。

「私のディアマンテ」には、大学受験を控えた優等生の娘・えみりと心配性の母・絢子それぞれの気持ちのすれ違いが...。

「タイムカプセルの八年」には、出勤初日の息子・幸臣の小学生当時に埋めたタイムカプセルのことを思い出す、大学准教授の父・水内の想い。

「1992年の秋空」には、宇宙を愛する一つ下のうみかの考えを理解できないまま、うみかの苦手とする逆上がりの練習に付き合うことになる、6年生のはるかの想い。

「孫と誕生日」には、アメリカに住んでいた長男・孝治夫婦から一緒に暮らすことを提案され、日本で同居することとなった70歳目前の木原の想いと、日本の生活になじめない孫・実音のもどかしさが...。

「タマシウム・マシンの永遠」には、赤ん坊・伸太と妻・希美と一緒に実家に向かう俺による希美と出逢った当時が、余すところなく描かれていて....。


素晴らしかった。


それでもあえて、印象に残る物語としての一つを選ぶならば、 「1992年の秋空」かな。

幼少の頃、上に姉妹がいたからなのか、はるかの妹を思うツラい気持ちに一緒に胸が痛くなり、そして終盤において胸から温かいものがこみ上げてきて...。



家族とは空気のようなもの。

それだけに、血が繋がっていればこそのイライラや嫌悪感の際立つ反面、家族だからこその思いやりや気配りは、より大きなものに...。


人としての優しさに触れることのできる作品は、素晴らしい。



家族との関わりにおける節目節目を意識する度に、読み返したくなる貴重な一冊にふさわしいや。


末永く心に残るんだろうなあ。

2014-11-14 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(1) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます