So-net無料ブログ作成

花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第3回












花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第3回

1月18日日曜日に放送。


脱藩の罪で蟄居の身にあった寅次郎(伊勢谷友介)は、杉家はじめ伊之助(大沢たかお)らによる取り成し、藩主・毛利敬親(北大路欣也)による温情あって、吉田家における士籍剥奪・世禄没収の上、杉家預かりによる「育み(現代における保護観察)」の沙汰が下った。

寅次郎にはありがたいことに、11歳における藩主・毛利慶親への御前講義の見事な出来栄えに免じて、向こう10年間における遊学が認められ、身分に捉われず自由の身になったことは、大きかった。


寅次郎が萩を出立し、伊之助が再び江戸勤めとなってしばしの時が流れて...。


寅次郎が再び江戸に到着し、佐久間象山に師事して2週間後のこと...。

すなわち、運命の1853(嘉永6)年6月3日、アメリカ艦隊副司令・マシュー・ペリー率いるミシシッピ号はじめとする「黒船来航」へ...。

寅次郎が初めて知ったのは、象山が門人との出立に気づき、密かに追いかけたことから。

象山と門人に隠れるかのように浦賀で見た黒船の群れは、まさに大きかった。


西洋の先進文明に心を打たれ外国留学への決意を秘めるまでになった寅次郎の行動力は、素早かった。

藩主・敬親宛の「将及私言」という意見書を出した寅次郎は、同郷の弟子の金子重輔(泉澤祐希)とともに、黒船の後を追うかのように、西へ出立。


すでに黒船来航の知らせは長州に届いており藩内の揺れる中でのこと、名の伏せられたままの『将及私言』も、水面下において大きく揺さぶっていた。

寅次郎によるものと察した実兄・梅太郎(原田泰造)と伊之助は、藩士でない者の政への口出しによる死罪を恐れ、対応策の話し合いへ。


死罪という言葉を耳にした文(井上真央)も心配に。

途方に暮れたまま外へ出て、偶然会うことになった幼少よりの遊び友達のすみ(宮﨑香蓮)とふさ(小島藤子)に導かれるまま、松本川支流をさかのぼった水車小屋へ。

そこには、すみの実兄にあたる入江九一(要潤)と野村靖(大野拓朗)の兄弟と、ふさの兄・吉田稔麿(瀬戸康史)と、長身の少年一人が、侃々諤々の話し合い。

秘かに聞こうとしたところ、長崎に寄港するロシア海軍中将エフィム・プチャーチンの通商の求めに応じるか否かをめぐって、とにかく激しいもので...。

しかし、不意にも気付かれてしまい、すみは男の勤めに口を出すなとの厳しい叱責の恐れから、文とふさの手を強く引くかのように、走り去るしかなかった。


先の話し合いに加わっていた長身の少年は、萩藩医・久坂良迪の三男。

藩の医学所・好生館に入学したものの、黒船来航と異国船の横行を耳にする時世あって、医学を極めることに虚しさを感じており...。

そして、幼少より理解あって医学所都講役の兄・玄機と心ゆくまでの話し合いにより、玄機は藩医を、三男は武士を志すことを、確かめ合った。


明くる日の朝、伊之助は朝食を掻き込むなり、寿(優香)を相手にする余裕もないまま家を出て、梅三郎(原田泰造)とともに萩城へ登城。 家老・周布政之助(石丸幹二)と対面した。

案の定、「将及私言」の文面は、寅次郎によるものだった。

梅太郎と伊之助は、恐る恐る平伏するだけだったが、政之助は寅次郎の敏感な危機意識と今後の対応策に感服、藩主・敬親に掛け合う旨を伝えて、事なきを得ることに...。


杉家では、文が相変わらず外で落ち着きのない様子。

そこへ、寅次郎が帰ってきた。

重輔とともに長崎に寄港していたプチャーチン率いるロシア軍艦への乗り込みを考えたものの、ヨーロッパで勃発したクリミア戦争へのイギリス参戦により、自身の長崎到着前に出航してしまったと、内心落胆の模様。

心配して無茶をやめるよう訴えた文だったが、寅次郎からは、自身の身をいかにして使いたいかということ、知識だけでは意味なし行動の伴ってこそ意味ある"知行合一"がなければ、誰も本当の恐ろしさに気付かないままになるのが怖いこと、"知行合一"のためならば死は怖くないということ、涼しげに言われるだけで、涙ながらに止めることはできなかった。

城から戻った梅太郎と伊之助は、寅次郎の身を案じた。

三人の想いは通じ合っていたが、寅次郎はとどまることのないまま、江戸での勉学への専念を口実に、再び出立へ...。


それから間もなく、伊之助に江戸藩邸の有備館で儒学を教えよとの命が下り、再び出立へ。

そして、長州藩に相模国における江戸湾護衛の命が下り、梅太郎も出立。


後日の梅太郎から父・百合之助(長塚京三)への文には、これまでの黒船の脅威が記されることに。

そして日本が砲艦外交に屈したことへの、寅次郎の憤りも...。


文が寅次郎の身を案じる日々の続く中での、ある日のこと...。

以前、すみとふさとともに水車小屋で見かけたことに加え、神社のおみくじに躍起になっているのを見かけた長身の少年が、何気に気になって、文は後を追いかけた。

長身の少年は夜な夜な山道を付いてくる文に困惑しつつも、これまでを打ち明けた。

ここ1年の間、夏に母を亡くし、翌年のこの年15歳の春には兄が病没、その僅か数日後に父も亡くし、身寄りはいないという。

おみくじを引いても凶ばかりで神社に行くのもやめ、山の上から異国船とながめ汽笛を耳にすれば、幸運がめぐってくるのでは、という思いで山を歩いているとか...。

結局、山の上からは異国船は見えず、長身の少年は苦笑いしながら落胆するだけだった。

しかし、"知行合一"が口癖の寅次郎の身を案じる文からの叱咤と、寅次郎のように行動する姿が好きという告白に心を揺さぶられた長身の少年は、麓に戻るなり改めて神社でおみくじをひいたところ、大吉を手にすることに。

そして、異国船の汽笛が聞こえてきて...。


これが、かの長身の少年・久坂玄瑞(東出昌大)と文との最初のひとときだった。

将来の運命を予想することのないまま...。


1854(安政元)年3月3日、ペリー再航における日米和親条約の締結により、箱館と下田が開港された。


伊之助の離れた隙に、江戸屋敷から出立した寅次郎は、重輔とともに、伊豆下田港に停泊中のペリーのいるポーハタン号へ赴いての乗船による密航を試みようとした。


"知行合一"そして「将及私言」...。


確かに、"正義"を貫くのに、強く後押ししてくれるもの。

ただ、"正義"というものは、いろいろな立場の人からでも、簡単に使いやすいものでもあって...。

ましてや、時代の転換点の前後の混乱期ともなれば、なおさらのことで...。

それでも明確なことは、いろいろな立場であれ、これだと信じた役割に関しては、最後までブレることなく全うするということなんだろうなあ。


倒幕派と佐幕派、強硬派と穏健派、日本という国の行く末を考えて実行するのは、まさに綱渡り。


これから少しずつ目を通してみようかな。


まず、2013(平成25)年4月1日月曜日より発売で『時代の流れがよくわかる! 歴史なるほど新聞 第8巻 江戸時代末期~明治時代 黒船来航!開国をせまる』(千葉昇監修 / ポプラ社)。

確かに時代の転換点ともなれば、いろいろな見方が否応なく存在してしまうもので、時系列にたどれば、大政奉還、王政復古、明治維新、文明開化、大日本帝国憲法、日清戦争、日露戦争、日本による韓国併合...。

かの黒船来航以来の長州藩の紆余曲折を軸足とした視点を前提とすれば、本当にいろいろあって...。


そして、かの「将及私言」の収められた、2002(平成14)年2月1日金曜日より発売の『講孟余話 ほか』(吉田松陰・松本三之介・松永 昌三・田中彰 / 中央公論新社)には、ほかに「講孟余話(抄)」「幽囚録」「回顧録」「野山獄文稿(抄)」「丙辰幽室文稿(抄)」「戊午幽室文稿(抄)」が...。

よく知られる講談社学術文庫による「講孟余話」「留魂録」以外にも目を通したい、研究用として手元に置きたい、広く浅く読みたい場合には、この中央公論新社によるものがオススメかもしれないや。

特に、停泊中のペリーのいるポーハタン号に乗り込むものの渡米が不可能と分かるなり出頭するに至るまでの出来事が、どの小説よりも克明かつ臨場感たっぷりに描かれていて、観察眼と記憶力と描写力が恐ろしくなるほど。

とにかくとんでもない名文家であり、すさまじい行動力。


ポーハタン号に乗り込むまでの吉田寅次郎と金子重輔の気持ち、かなりの高まりだったろうなあ。

海岸につないであった漁民の小舟を盗んでの乗り込みともなれば、漁村で息をひそめていた二人の姿が真に浮かびそう。

となれば、事を成すまで飲まず食わずの状態だったのかもしれないや。

良き志を果たそうとしている人たちを目にすれば、心温まるものを差し入れたくなるかもしれない。

しかしながら、周囲から見て身元が曖昧ならば、ただの遍路乞食(?)にしか映らないのが、悲しいところ。


もしも、大沢たかおの出演していたTBS日曜劇場『JIN-仁-』のように、時空を超えることが許されるのならば、金目鯛の聖地とされる伊豆・下田産の金目鯛の中でも最上級の"1番札"(卸売市場における、その日のセリで一番に競られ、一番の高値のつくとびきりの品)を直接届けて、勇気づけてあげたくなる衝動か...。

特に、伊豆・伊東にある6組限定の小さな宿から始まった『こころね』による金目鯛。

この2014(平成26)年にて創業7年目ながらも、口コミで評価は高まり、まさに格別たる味わい...。


金目鯛そのものを味わいたいならば、

『静岡県伊豆下田産・超特大ふっくら金目鯛の煮付けセット (特大1尾・秘伝のタレ付)』か、

『静岡県伊豆下田産・超特大ふっくら金目鯛の煮付けセット (特大2尾・秘伝のタレ2本付)』が...。

しゃぶしゃぶとして味わいたいならば、

『静岡県伊豆下田産・ぷりっぷり金目鯛のしゃぶしゃぶセット (4人用)』か、

『静岡県伊豆下田産・ぷりっぷり金目鯛のしゃぶしゃぶセット (2人用)』が...。


いかなる時代であれ、生き抜くことに懸命な人たちに与えたくなる味わい、素晴らしいや。

タグ:伊豆 大河ドラマ アメリカ 江戸 ドラマ NHK 伊東 ネタバレ ポプラ社 しゃぶしゃぶ 金目鯛 放送 中央公論新社 発売 長州 ペリー 下田 吉田松陰 第3回 煮付け あらすじ 大河 NHK大河ドラマ 蟄居 2015年 NHK大河 日米和親条約 時空 2013年 開港 マシュー・ペリー 長州藩 NHK 大河ドラマ JIN-仁- 放送日 脱藩 佐久間象山 締結 秘伝のタレ 密航 保護観察 黒船来航 箱館 nhk 大河 講孟余話 TBS日曜劇場 2人用 4人用 こころね 平成25年 八重の桜 小栗旬 吉田松陰 佐久間象山 吉田寅次郎 小栗旬 象山 平成25年4月1日月曜日 2013年4月1日月曜日 遊学 花燃ゆ 花燃ゆ あらすじ 花燃ゆ キャスト 井上真央 NHK 大河ドラマ 花燃ゆ 井上真央 NHK 大河ドラマ 花燃ゆ 吉田松陰 妹 文 平成27年 出立 大沢たかお 大河 花燃ゆ 大沢たかお NHK 大河ドラマ 花燃ゆ 大沢たかお NHK 大河ドラマ 花燃ゆ 楫取素彦 花燃ゆ nhk 花燃ゆ キャスト 東出昌大 花燃ゆ キャスト 久坂玄瑞 東出昌大 花燃ゆ キャスト 長州藩士 久坂玄瑞 東出昌大 花燃ゆ キャスト 伊勢谷友介 花燃ゆ キャスト 吉田松陰 伊勢谷友介 花燃ゆ キャスト 松下村塾 吉田松陰 伊勢谷友介 大沢たかお ドラマ 花燃ゆ 楫取素彦 井上真央 大河 ドラマ 花燃ゆ 杉文 花燃ゆ キャスト 長州 久坂玄瑞 東出昌大 伊勢谷友介 大河 ドラマ 花燃ゆ 吉田松陰 大沢たかお ドラマ 大河 花燃ゆ 楫取素彦 知行合一 花燃ゆ キャスト 長州藩士 杉梅太郎 原田泰造 花燃ゆ キャスト 長州 杉梅太郎 原田泰造 花燃ゆ キャスト 杉梅太郎 原田泰造 花燃ゆ キャスト 原田泰造 花燃ゆ キャスト 長州 伊藤博文 妻 入江すみ 宮﨑香蓮 花燃ゆ キャスト 長州 入江すみ 宮﨑香蓮 花燃ゆ キャスト 入江すみ 宮﨑香蓮 花燃ゆ キャスト 宮﨑香蓮 井上真央 ドラマ 花燃ゆ 杉文 伊勢谷友介 ドラマ 花燃ゆ 吉田松陰 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第1回 花燃ゆ ネタバレ 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 花燃ゆ NHK あらすじ ネタバレ 第1回 花燃ゆ NHK あらすじ ネタバレ 花燃ゆ NHK あらすじ 花燃ゆ NHK ネタバレ 花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第1回 花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ 花燃ゆ NHK 大河ドラマ 花燃ゆ NHK 大河 花燃ゆ NHK ドラマ 花燃ゆ 大河ドラマ 花燃ゆ 大河 花燃ゆ ドラマ 花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第2回 花燃ゆ NHK あらすじ ネタバレ 第2回 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第2回 大沢たかお 大河 花燃ゆ 楫取素彦 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第3回 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第4回 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第5回 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第6回 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第7回 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第8回 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第9回 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第10回 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第11回 花燃ゆ NHK あらすじ ネタバレ 第3回 花燃ゆ NHK あらすじ ネタバレ 第4回 花燃ゆ NHK あらすじ ネタバレ 第5回 花燃ゆ NHK あらすじ ネタバレ 第6回 花燃ゆ NHK あらすじ ネタバレ 第7回 花燃ゆ NHK あらすじ ネタバレ 第8回 花燃ゆ NHK あらすじ ネタバレ 第9回 花燃ゆ NHK あらすじ ネタバレ 第10回 花燃ゆ NHK あらすじ ネタバレ 第11回 花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第3回 花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第4回 花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第5回 花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第6回 花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第7回 花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第8回 花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第9回 花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第10回 花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第11回 大沢たかお ドラマ 花燃ゆ 井上真央 大河 ドラマ 花燃ゆ 井上真央 大河 花燃ゆ 杉文 井上真央 大河 花燃ゆ 井上真央 ドラマ 花燃ゆ 伊勢谷友介 大河 ドラマ 花燃ゆ 伊勢谷友介 大河 花燃ゆ 吉田松陰 伊勢谷友介 大河 花燃ゆ 伊勢谷友介 ドラマ 花燃ゆ 大沢たかお ドラマ 大河 花燃ゆ 花燃ゆ NHK あらすじ ネタバレ 第12回 花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第12回 花燃ゆ あらすじ ネタバレ 第12回 1月18日日曜日 2015年1月18日日曜日 平成27年1月18日日曜日 育み 1853年6月3日 将及私言 1854年3月3日 安政元年3月3日 千葉昇監修 時代の流れがよくわかる! 歴史なるほど新聞 第8巻 江戸時代末期~明治時代 黒船来航!開国をせまる 2002年2月上旬 平成14年2月上旬 講孟余話 ほか 松本三之介 松永 昌三 田中彰 1番札 下田産 伊豆・下田産 伊豆・伊東 静岡県伊豆下田産 超特大ふっくら金目鯛の煮付けセット 超特大ふっくら金目鯛 煮付けセット 特大1尾・秘伝のタレ付 特大1尾 特大2尾・秘伝のタレ2本付 特大2尾 静岡県伊豆下田産・超特大ふっくら金目鯛の煮付けセット ぷりっぷり金目鯛のしゃぶしゃぶセット ぷりっぷり金目鯛 静岡県伊豆下田産・ぷりっぷり金目鯛のしゃぶしゃぶセット 西郷どん あらすじ 西郷どん ネタバレ 西郷どん あらすじ ネタバレ 西郷どん NHK 西郷どん NHK あらすじ 西郷どん NHK ネタバレ 西郷どん NHK あらすじ ネタバレ 西郷どん 大河 西郷どん ドラマ 西郷どん NHK 大河 西郷どん NHK ドラマ 西郷どん NHK 大河ドラマ 西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ 西郷どん NHK 大河ドラマ ネタバレ 西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 西郷どん 大河ドラマ 西郷どん あらすじ ネタバレ 第8回 西郷どん NHK あらすじ ネタバレ 第8回 西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第8回 2002年2月1日金曜日 平成14年2月1日金曜日
2014-12-03 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます