So-net無料ブログ作成

椎名林檎 至上の人生 NIPPON 林檎博'14






椎名林檎 至上の人生 NIPPON 林檎博'14

さかのぼること、あの2014年度NHKサッカー中継のテーマソングとして書き下ろされた、13枚目のシングル「NIPPON」が発売されたのは、2014(平成26)年6月11日水曜日のこと...。

揚げ足をとるかのような物議の醸し出しに見舞われながらも、歌詞や曲調やギターを掻き鳴らす姿は、まさに怒涛のような勢いで...。


世界に誇る"NIPPON"の象徴する和の要素も含んだ過剰な様式美の変わらないまま、2015(平成27)年が明けて...。

椎名林檎が新たに動き出した...。


たしかに、名前を耳にしただけでも、独特な存在感...。


聞くところでは、幼児期に受けた先天性食道閉鎖症の手術の後遺症も理由の一つなのだろうか、かなりの恥ずかしがり屋ゆえ学校で先生に指されるとすぐ頬が真っ赤になってしまうことや、自身のバンド活動もドラマーから始まったということもあってビートルズのドラマーだったリンゴ・スターの名前の借用が、芸名のきっかけとのこと...。

芸名のみならず、1998(平成10)年5月27日に東芝EMI(当時)からシングル「幸福論」でデビュー以来、摩訶不思議な世界観を醸し出す独特の歌詞と曲調も、変わることなく健在。


「好きこそものの上手なれ」の気持ちが拡大したんだろうなあ、ジャンルを問わない柔軟さと、ギターやキーボードなどの各種楽器の演奏や作編曲までこなす音楽家としての高度な汎用性は、何よりのこと。



その勢いのまま、2015(平成27)年1月14日水曜日から放送開始の日本テレビ水曜ドラマ『○○妻』の主題歌「至上の人生」が、2月25日水曜日に発売されることに...。

柴咲コウ演じる主人公・ひかりが林檎を手にする姿を思い浮かべながら楽曲を制作したとのこと。

「誰かを愛する時には時間は歪み、我を忘れた果てには本当の自己との邂逅がある」

その思いとともに、重いドラマの展開が象徴するかのように、曲調はブルース・ロックを主体としつつも、メロウな流れにあふれていて...。


♪お願い 支えていて 何処か 危なっかしくて

怖いのを隠した 熱情が 薄くらい以前とは(?)

プラマイゼロまで お互いが相殺よ

そう自由を覚えて 勝ち取った 孤独


やはり椎名林檎という名と『○○妻』のひかりの大好物が象徴するように、林檎は禁断の果実なのかもしれない???



勢いのとどまることのないまま、あの前年2014(平成26)年12月10日土曜日開催の大阪城ホール公演の模様が完全収録された『(生)林檎博'14 -年女の逆襲-』のDVD/Blu-rayが、3月18日水曜日に発売されることに...。


いわゆる"林檎博"を冠した祝祭的大型ライブは、2008(平成20)年にデビュー10周年を記念し開催されて以来なんだよなあ。

そして、自身で実際に観に行った椎名林檎のライブは、これが初めてだった。

「年女の逆襲、大阪冬の陣へようこそ!」といった、始まりからの怒涛の勢いには、すっかりハマッてしまって...。

電子楽器、管弦楽器、打楽器、ダンサーを要した総勢37名からなるThe Mighty Galactic Empire(銀河帝国軍楽団)とともに贈る痛快なエンターテイメントは、ある時はおしとやかに、ある時は艶やかに、ある時は激しく魅せてくれて...。


まさに、激しく揺さぶられる快感に浸れる感動の一夜だった。



失礼な例えになってしまうけど、椎名林檎はいつまでも20代の女性のまま突き進んでいくことに???

2015-02-08 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます