So-net無料ブログ作成

朝井リョウ 武道館 あらすじ 感想


朝井リョウ 武道館 あらすじ 感想

「久々にあの朝井リョウが帰ってきた!!!」

そう、あの特定のかなりニッチなコミュニティ(例えるならば、中高生時代、就活の大学生など)特有の一見不可解で、秘匿的な感情の動きを、少し残酷に明るみに出して、最後には昇華させる作風の魅力が再び...。


それは、4月24日金曜日発売の『武道館』(文藝春秋)で、ここ10年近く定着しつつある、生き残りをかけてしのぎを削る"アイドル"が題材。

結成当時から「武道館ライブ」を合言葉に活動してきた女性アイドルグループ・NEXT YOUに属するメンバーと、彼女らを取り巻く人間模様を中心とした、物語の展開は目が離せない。


例を挙げるならば、独自のスタイルで行う握手会、売上ランキングに入るための販売戦略、一曲につき二つのパターンがある振付、さまざまな手段で人気と知名度をあげ、一歩ずつ目標に近づいていく、それぞれのメンバーの内面の浮き沈み。

反面、恋愛禁止、スルースキル、炎上、特典商法、握手会、卒業、といったアイドルを取り巻く言葉たちの交錯に垣間見る、望まない種類の視線も...。

アイドルをアイドルたらしめてるものとは一体...。

読み終わった今でも、まだその答えは出てこないまま...。


ただ、一つ言えることは、アイドルも一人の人間だということ。

「人って、人の幸せな姿を見たいのか、不幸を見たいのか、どっちなんだろう」

「アイドルを応援してくれてる人って、多分、どっちもあるんだろうね」

このモノノーグは、心に突き刺さってしまった。

表面上、軽薄そうな周囲の取り巻きの多い中でも、飄々としている陰で、必死に生き抜こうと、もがいているだけに...。


アイドル戦国時代と言われ始めて久しく...。

実際に彼女たちがこれを読んだら何を思うのか、否応なく気になってしまう一冊だった。


特に、一番衣装が似合う(?)とされる、たった一度きりの18歳にて、世間でいう不祥事を起こしたとみなされてしまったアイドル・愛子の等身大の姿を見届けるかのような展開には...。

2015-04-30 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます