So-net無料ブログ作成

真田丸 あらすじ ネタバレ 第15回





カルタ 京いろはかるた

カルタ 京いろはかるた
価格:1,080円(税込、送料別)








真田丸 あらすじ ネタバレ 第15回

「秀吉」

4月17日日曜日に放送。


信繁(堺雅人)の前に突如現れた秀吉(小日向文世)との初めての出逢いは、唐突に屏風の裏側に信繁を連れ込まれてから...。

秀吉は自分の正体を明かすことなく、家臣の福島正則に用意させた安物の着物に着替え始めて、そのまま信繁を引き連れて遊廓へ...。


そのまま遊女の華麗な舞を見ながら上機嫌で酒を飲む秀吉の元へ、三成(山本耕史)が現れた。

厭味を口にしつつも秀吉を城へ連れ戻そうとする三成だったが、自身への責任転嫁に話を合わせる信繁を気に入った秀吉は、景勝(遠藤憲一)には明日会うとして城に戻るのを拒んだ。


ゆきずりのまま明くる日となって、信繁に会った景勝は、秀吉の無礼を批判、信繁と秀吉との面会の取次ぎを約束する。

信繁としては、景勝よりも先に秀吉に会ったことなど言えなかった。 複雑な表情で礼を述べるのみ。

信繁が部屋へ戻ってほどなく、三成が訪ねた。 一転して親しみのある態度となって、客人と会わせたいと信繁を連れ出し、以前より三成とともに秀吉を支え大坂一の切れ者として知られる大谷吉継(片岡愛之助)と対面させる。

吉継は徳川氏を破った真田氏の戦ぶりを褒め讃えた。 3人で酒を飲んでいるひとときの深まる中、加藤清正(新井浩文)訪問の知らせが入って、三成は外へ。

信繁は、三成の態度急変の理由を尋ねると、これまで低く見ていたからであること、しかし秀吉が信繁を気に入ったことで大事な人と認識したからであることを、吉継から打ち明けられる。

加えて、秀吉から気に入られた若者は、始終そばに置きたくなるゆえ、今後いろいろ面倒になると忠告されることに。


秀吉からの上洛を促す書状が、上田城の昌幸(草刈正雄)に届いた。 しかし、信繁が秀吉を懐柔してくれることを理由に、昌幸は心配無用と無視。

信幸(大泉洋)は上杉氏も毛利氏も従う中での父・昌幸の逆行ぶりに心配を募らせると同時に、信繁ばかりを頼りにする父の姿勢に、淋しさも募らせて...。

見かねた母・薫(高畑淳子)は昌幸に愚痴る。 それでも昌幸は、乱世で荒れ果てた国を建て直す時こそ、信幸の生真面目さが役に立つと伝えて、薫をなだめた。


ようやく景勝は秀吉に拝謁。 上杉家の本領の越後国の安堵の約束を取り付けるが、以後の真田氏への肩入れは無用と宣告されて、葛藤を深めることに。

秀吉の狙いは、上洛の要求を無視する昌幸への懲らしめから、真田征伐に乗り出す家康(内野聖陽)に恩を売ること。 すなわち戦の場合は、真田家に加勢しないことにあった。

秀吉と兼続(村上新悟)とのやりとりとともに、上杉家と真田家との盟約反故を秀吉から命じられた景勝は、信繁の元に戻ってからも、何も言えないまま...。

そこへ三成が訪ねて来た。 秀吉から茶席に勧められた旨を伝えられて、茶のたしなみなどない信繁は困惑するも、きり(長澤まさみ)に着替えを手伝ってもらい、秀吉の待つ茶室へ。


景勝は秀吉に信繁を紹介。 信繁は初対面を装っての挨拶。

ところが秀吉は、信繁と昨日会ったと暴露。 信繁は、景勝より先の謁見の申し訳なさいっぱいに。

信繁の困惑を楽しむ秀吉の元に、日本一の茶人で秀吉の相談役の千利休(桂文枝)が茶室に入るとともに、茶席が始まった。 秀吉に続き景勝が茶を飲むと、秀吉は二人を帰す。

利休は秀吉から見立てを聞かれると、当初こそ景勝に心の乱れはあるも、途中で吹っ切れたとのこと。 最後には心穏やかに茶を飲んでいたとの見立てあって、秀吉の臣下につくと断言する。

当の景勝は、生涯で一番苦い茶だったと、信繁に本音を打ち明ける。


その頃、きり(長澤まさみ)は廊下で出会った若者、秀吉の姉の息子・秀次(新納慎也)から、びわを叔母である秀吉の正室・寧(鈴木京香)のちの北政所に届けてほしいと頼まれる。

きりにびわを託した秀次は、秀吉、三成、且元(小林隆)、実弟・羽柴秀長、秀次が集まり検地についての会議が開かれる大坂城の大広間へ。


そこではすでに、秀吉、実弟・羽柴秀長、三成、片桐且元(小林隆)が集まり、秀次の着いて早々より、検地に関する会議が始まった。

信繁も隅で見守る中、これまでの検地が各地の米を計る升の違いゆえに滞っている実情あって、升の大きさの統一による全国の石高把握の大任を、三成に厳命されることとなった。

会議が終わって、秀吉は信繁を連れて茶々(竹内結子)の部屋へ...。

浮かれ気分のまま、カルタ遊びに興じるも、廊下の馬廻りの権三と茶々の親し気な見つめ合いから、瞬時に冷徹な目に豹変。 滅茶苦茶に札をかき混ぜて無理矢理終了させる成り行きを、信繁は驚きつつ見守るしかなかった。


一方、きりは、すでに秀次から託されたびわを、寧に渡すと、そのまま中庭へ...。

そこには、加藤清正や福島正則、まだ少年の木下辰之助(浅利陽介)のちの小早川秀秋が、茹でたてのサトイモを頬張っての、ゆったりとして楽しそう。

そこへ秀次、さらに秀吉と信繁も加わって...。

信繁ときりは楽しげのひとときを、微笑みながら見守って...。

きりは寧の手伝いをする中、秀吉が天下人に見えず、どこにでもいそうな男だと実感。

しかし信繁は、秀吉のような男は見たことがないとの思いを強めてゆく。



信繁にとっての初めての大坂...。

そして、秀吉との初めての出逢い...。

これが今後の信繁に何をもたらすことになるのか、ますます気になるところ...。


信繁が誰よりも気になる秀吉を一番よく知る正室・寧からの視点での生涯からの2007(平成19)年8月発売の『北政所おね 大坂の事は、ことの葉もなし』(田端泰子/ミネルヴァ書房)は、もちろんのこと...。

茶々からの視点も加えた2009(平成21)年6月発売の『北政所と淀殿 豊臣家を守ろうとした妻たち』(小和田哲男/吉川弘文館)にも、新たな見方が...。

今のうちに目を通しておこうかなあ。


そして、時間ができれば、仲間を集めては、秀吉と茶々の興じたカルタ遊びに想いを馳せてみるのもいいや。

「一寸さき、やみの夜」から始まる日本最古のいろはかるた【京いろはかるた】でもいいし、二万種存在するともいわれる家紋から現在も数多く使用されている五十二種を選んだ、素敵でお洒落な【紋かるた 代表家紋】でもいいや。

お洒落な贈りものとしてはもちろん、良い頭の体操になりそう。


時折、京の東山の懐にある寧が茶の湯に用いたとされる「菊水の井」を代々受け継いだ1912(大正元)年創業の【京都 菊乃井 焼菓子詰合せ】を、じっくりと口にしながら...。

タグ:プレゼント 京都 お洒落 大河ドラマ ドラマ 素敵 大阪 大阪府 NHK 東山 ネタバレ 京都府 大坂 放送 発売 かるた 茶の湯 創業 2016年 カルタ 日本最古 秀吉 あらすじ 第15回 大河 NHK大河ドラマ 吉川弘文館 NHK大河 菊乃井 サブタイトル 小和田哲男 頭の体操 ミネルヴァ書房 2009年6月 NHK 大河ドラマ 贈りもの 放送日 洒落 紋かるた いろはかるた 真田丸 nhk 大河 NHK ドラマ 1912年 京いろはかるた 焼菓子詰合せ 平成21年6月 大正元年 堺雅人 本 文・堺雅人 文・堺雅人2 堺雅人 真田丸 真田丸 キャスト 平成28年 大泉洋 まれ 大泉エッセイ 菊水の井 長澤まさみ 真田丸 堺雅人 剣豪 新選組! 塚原ト伝 真田丸 堺雅人 俳優 剣豪 大将 新選組! 塚原ト伝 真田丸 堺雅人 俳優 すこやかな日々 NHK 大河ドラマ 真田丸 真田幸村 堺雅人 すこやかな日々 俳優 大将 真田丸 堺雅人 すこやかな日々 俳優 剣豪 新選組! 塚原ト伝 真田丸 大泉洋 本 大泉エッセイ 僕が綴った16年 真田丸 あらすじ 真田丸 ネタバレ 真田丸 あらすじ ネタバレ 真田丸 NHK 真田丸 NHK あらすじ 真田丸 NHK ネタバレ 真田丸 NHK あらすじ ネタバレ 真田丸 大河 真田丸 ドラマ 真田丸 大河ドラマ 真田丸 NHK 大河 真田丸 NHK ドラマ 真田丸 NHK 大河ドラマ 真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ 真田丸 NHK 大河ドラマ ネタバレ 真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 真田丸 あらすじ ネタバレ 第13回 真田丸 あらすじ ネタバレ 第14回 真田丸 あらすじ ネタバレ 第15回 真田丸 あらすじ ネタバレ 第16回 真田丸 あらすじ ネタバレ 第17回 真田丸 NHK あらすじ ネタバレ 第13回 真田丸 NHK あらすじ ネタバレ 第14回 真田丸 NHK あらすじ ネタバレ 第15回 真田丸 NHK あらすじ ネタバレ 第16回 真田丸 NHK あらすじ ネタバレ 第17回 真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第13回 真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第14回 真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第15回 真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第16回 真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第17回 真田丸 キャスト ヒロイン きり 長澤まさみ 長澤まさみ 真田丸 真田幸村 幼馴染 きり 長澤まさみ NHK 大河ドラマ 真田丸 真田幸村 幼馴染 きり 真田丸 キャスト ヒロイン 真田丸 キャスト ヒロイン 長澤まさみ 真田丸 キャスト きり 長澤まさみ 真田丸 キャスト 長澤まさみ 草刈正雄 真田太平記 真田丸 草刈正雄 真田太平記 草刈正雄 真田丸 草刈正雄 NHK 新大型時代劇 真田太平記 真田幸村 大河ドラマ 真田丸 真田昌幸 草刈正雄 新大型時代劇 真田太平記 真田幸村 真田丸 真田昌幸 真田丸 ヒロイン 4月17日日曜日 2016年4月17日日曜日 平成28年4月17日日曜日 紋かるた 代表家紋 代表家紋 北政所と淀殿 豊臣家を守ろうとした妻たち 田端泰子 北政所おね 大坂の事は、ことの葉もなし 2007年8月 平成19年8月 京都 菊乃井 焼菓子詰合せ 京都 菊乃井 真田丸 キャスト 新井浩文 真田丸 キャスト 加藤清正 新井浩文 新井浩文 真田丸 新井浩文 真田丸 加藤清正 新井浩文 真田丸 猛将 加藤清正 新井浩文 NHK 大河ドラマ 真田丸 猛将 加藤清正 新井浩文 NHK 大河ドラマ 真田丸 新井浩文 NHK 大河ドラマ 真田丸 加藤清正 竹内結子 真田丸 竹内結子 真田丸 茶々 淀殿 真田丸 キャスト 竹内結子 真田丸 キャスト 茶々 淀殿 竹内結子 竹内結子 NHK 大河ドラマ 真田丸 竹内結子 NHK 大河ドラマ 真田丸 茶々 淀殿
2016-03-05 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます